魚のマース煮と豚のラフティー (2)【小泉武夫・賢者の非常食(54)】

カテゴリー:食情報 投稿日:2019.06.18

泡盛を飲む前に食べる理由

 ラフティーは、典型的な中国料理です。中国ではこのようなゼラチンやコラーゲンたっぷりの料理を阿膠料理(あきょうりょうり)と呼びます。沖縄県でアシテビチと呼ばれる豚足料理も同じで、トロトロに軟らかく煮込んで作ります。総じて沖縄県では、豚肉がよく食べられていました。

 なぜ阿膠料理が中国や沖縄で食べられるのかというと、中国では白酒という焼酎を飲みます。沖縄では泡盛を飲みます。どちらも本来はアルコール分が四〇度から五〇度はある強い蒸留酒で、そのまま飲むと胃潰瘍や胃がんになりかねません。

 そこで、阿膠料理が登場するのです。これは胃カメラを使った研究で証明された話ですが、泡盛を飲む前にラフティーやアシテビチを食べると、食べずに飲む場合と比べて胃壁のダメージがまるで違います。強い酒を飲む前に阿膠料理を食べると、ゼラチンやコラーゲンで胃壁がブロックされて、簡単には胃潰瘍や胃がんにならないのです。そういうところまで、沖縄は中国の医食同源、薬食同源の影響を受けてきました。

小泉武夫

 

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい