ドイツ流ホットワイン「グリューヴァイン」で、冬を美味しく楽しく!

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.11.23

クリスマスマーケットの楽しみ

ドイツが発祥の地とされるクリスマスマーケット。見てまわるのは楽しいのですが、ハンパなく寒い!

そこで大人気なのが、グリューヴァイン(ホットワイン)の屋台。

お店では、最初にドリンク代の他に容器代(500円ほど)を払います。容器を返却すればその分は返金してくれますが、お土産として持ち帰ることもできるという仕組み。

グリューヴァインに決まったレシピはありません。ちょっと尋ねれば、お店でも各家庭でも、待ってましたとばかりに自慢のレシピを説明してくれますよ。

個性豊かなマグカップ

 

体をぽかぽか温める

赤ワインが主流ですが、白ワインでもOK。スパイスやフルーツも、お好きな物をご自由に。

アルコールには血管を拡張する効能があります。温めて飲むことで、さらに血流量が増加するので、風邪の予防や冷え症対策に効果的です。

中に入れる材料の効能もプラスされます。

今回は、ドイツの定番をご紹介します。ビタミンCを含む柑橘類は美容におススメ。シナモンは毛細血管の機能回復、クローブは沈痛抗菌に効果があるとされています。

そのほか、お好みと目的に応じて、お気に入りのレシピを作ってみてください。

 

【材料】

・赤ワイン:300cc

・オレンジ:薄切り3枚

・レモン:薄切り3枚

・シナモンスティック:1本(粉末を適宜使ってもよい)

・クローブ:3個(粉末を適宜使ってもよい)

・甘くしたい場合は、ハチミツか砂糖を適宜入れる

ドイツでの定番材料

 

【作り方】        

1./鍋に材料のすべてを入れて、弱火にかける。

良い香りがたつ

 

2./沸騰する前に火を止める。

3./カップなどの耐熱容器に入れる。ドイツではワインだけをカップに注ぎ入れるが、フルーツなどを一緒に入れてもOK。

出来上がり

 

中に入れる材料は、上記のほか、ショウガ、ハーブ類、好みのフルーツ、フルーツ缶詰めなどご自由に。

フルーツをたっぷり入れて

 

残ったフルーツは荒みじんに切り、砂糖を足し、火にかけて煮詰め、ジャムにすることができます。

子供用には、沸騰させてしっかりアルコールをとばすか、ブドウジュースで作ると喜ばれるでしょう。

 

福田恭子/フリーランス・ライター。京都市生まれ。ドイツ・テュービンゲン大学で学ぶ。文化を専門として茶道家元や京都の老舗料理店の広報誌編集長を務め、国内各地や世界50ヵ国で取材。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい