柿サラダのヨーグルトドレッシングがけ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.11.03

スーパーなどの店頭に柿が並び始めてからしばらくたち、売り場に並ぶ柿の量や種類も増えてきました。お値段も並び始めのころに比べるとずいぶんとお手頃になり、まさに旬の光景です。
柿にはビタミンCやβ-カロテンによる抗酸化作用、ペクチンによる整腸作用やコレステロール低下作用、ポリフェノールの一種であるタンニンによる血液サラサラ作用など、たくさんの健康効果があることが知られています。そのうえカリウムも多く含むため、ナトリウムの排泄効果によるむくみ解消にも効果的です。日頃塩辛い物を好んで食べる方にとって、柿はおススメの食品なのです。

さて、柿を買ってきたもののまだ少し固く、熟していないことがあります。おうちで追熟させるのもよいですが、ほのかな甘味でサックリと歯ごたえのある柿を野菜感覚でいただくのもおいしいですよ。今回はヨーグルトを使ったドレッシングで、お腹に嬉しいサラダに仕上げました。
この時期だけしか味わえない秋の味覚で、食卓を彩りましょう。

 

柿サラダのヨーグルトドレッシングがけの作り方
【材料】
・柿:1個
・カブ:1個(小さいものなら2個)
・プレーンヨーグルト:大さじ2
・オリーブオイル:小さじ1
・粒マスタード:小さじ1
・醤油:小さじ1/2
・レモン汁:小さじ1/4
・塩、胡椒:お好み

 

【作り方】
1./プレーンヨーグルトとオリーブオイル、粒マスタード、醤油、レモン汁を混ぜ合わせ、塩、胡椒で味を調えます。ヨーグルトの種類によってレモン汁や塩を加減してお好みに調整してください。
少量のはちみつ(分量外)を加えても、ほのかに甘いマイルドな仕上がりになります。

オリーブオイルでコクと香り出し

 

2./柿は皮をむき、へたを取って、いちょう切りにします。

2~3mm程度の厚さにする

 

3./カブは葉を落とし、厚めに皮をむき、いちょう切りにします。小さいカブの場合は半月切りにします。茎の部分は塩(分量外)をして10分ほど置き、軽くすすいで絞っておきます。

柿と同じくらいの厚さに切る

 

4./お好みの器に柿とカブを盛り付け、1をかければ完成です。

秋の味覚を楽しみましょう

 

(監修 深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい