酢っぱうま~い、イタリアン「酢漬けのドライトマト」

カテゴリー:漬物 投稿日:2018.07.23

イタリア国旗の赤は……?

イタリアの国旗、緑と白と赤の三色が、それぞれ何を象徴しているか、ご存知ですか?「緑は国土、白は平和、赤は……熱血だっけ??」と答えた方へ。

我がイタリア人の友人が言うには「緑はオリーブ、白はパスタ、赤はトマトに決まってるじゃないか」。もちろん冗談ですが、それほどイタリア人にとって、食は国家の大事なのです。

赤いトマトのおいしさをぎゅっと凝縮させて、自家製ドライトマトを作りましょう。

イタリア国旗

 

オーブンで作るドライトマト

オーブンで乾燥させてドライトマトを作ります。天候に左右されることなく、乾き具合もお好みに合わせることができます。

酢漬けにすると、夏向きのさっぱりした味わいに。日持ちもよくなります。そのままで食べてもよし、幅広い料理にも使えます。

 

【材料】

・ミニトマト:適宜

・酢:ミニトマトがかぶる程度

・砂糖:酢の半量

・みりん:砂糖の半量(酢の1/4)程度

・塩:ほんの少し

 

【作り方】

1./酢、砂糖、みりん、塩を容器に入れて、よく混ぜる。

2./ミニトマトのヘタを取り、よく洗って、水気をキッチンペーパーでふき取る。横半分に切る。

3./1の合わせ酢に、2のミニトマトを入れる。涼しい所に1日以上、お好みの酢っぱさになるまで置いておく。

1日1回は容器を振って酢味をつける

 

4./オーブンを130℃に余熱しておく。

5./3のミニトマトの水気を軽く切る。オーブンの天板にオーブンシートを敷き、切り口を上にして並べる。

間隔をあけて並べる

 

6./オーブンで70分加熱する。できあがりをみて、もっと乾燥させたい場合は、オーブンを120度に落とし、10分刻みで加熱して具合を見る。焦げないように注意。

このまま食べてもおいしい

 

お好みで砂糖や塩をまぶして

 

残った酢は、トマトの風味があり、水や炭酸で割って飲んだり、サラダドレッシングとして使えます。

料理に用いる時には、イタリア国旗のように、白い食材(パスタ、チーズ、ポテト、タマネギなど)と緑の食材(オリーブ、バジル、グリーンピース、アボカドなど)を合わせると、見た目も美しく、栄養のバランスも良くなります。

パスタ(バジルと)

 

カナッペ(クリームチーズと)

 

福田恭子/フリーランス・ライター。京都市生まれ。ドイツ・テュービンゲン大学で学ぶ。文化を専門として茶道家元や京都の老舗料理店の広報誌編集長を務め、国内各地や世界50カ国で取材。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい