ドイツの家庭料理 ピクルスの牛肉巻き赤ワイン煮

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.06.26

暑さに負けないように肉と野菜がたっぷりとれる、ドイツの家庭料理ルーラーデンを参考に作ってみたレシピです。赤ワインのソースにピクルスの酸味、マスタードの辛味が効いて、深い旨みがあるのにさっぱりいただけます。醤油を隠し味にすることで、どこか懐かしい風味になりました。付け合わせは定番のじゃがいものほか、焼いた夏野菜もよく合います。

 

【材料】

・牛肉(薄切り):300g

・好みのピクルス:100g

・ベーコン:3枚(約70g)

・マスタード:適量

・油:大さじ1/2

・赤ワイン:1/2カップ

・ケチャップ:大さじ1と1/2

・ウスターソース:大さじ1/2

・醤油:小さじ1

 

付け合わせ

・温野菜:適宜

 

【作り方】

1./ベーコンを半分に切り、ピクルスは巻きやすいよう拍子切りにする。牛肉を広げ、ベーコンを重ねてマスタードを塗り、ピクルスを巻く。牛肉が薄い場合は、2枚重ねる。

ピクルスを肉で巻く

 

2./フライパンに油を熱し、1の巻いた端を下にして並べる。

巻きが外れないよう焼く

 

3./焼き目がついたら少しずつ転がして、全体を焼く。

表面をこんがり焼く

 

4./3に赤ワインを入れてひと煮立ちさせ、火を弱めてケチャップ、ウスターソース、醤油を加え、蓋をして約10分煮込む。好みの温野菜とともに、器に盛る。

出来上がり

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい