柿の皮で栄養満点手作りチップス

カテゴリー:レシピ 投稿日:2017.12.28

柿の代表的な栄養は、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB群、βカロテン、タンニン、ミネラルなどが挙げられますが、なかでもビタミンCの含有量は、100g当り70mgと豊富。レモン(全皮)は100g当り100mg、キウイフルーツは100g当り69mg、いちごは100g当り62mgと、ビタミンCが豊富といわれている他の果物と比較してみても含有量が高く、柿1個で1日のビタミンCがほとんど摂取できてしまうのです。
そして、柿は実より皮のほうの栄養価が高いことはご存知でしょうか。
柿の皮のあざやかな橙色は、βカロテンによるもの。βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、丈夫な皮膚と粘膜をつくるために欠かせない栄養素。美肌のためにも、しっかり摂りたいビタミンです。
柿の皮を食べる機会は少ないですが、これを機に皮ごとおいしくいただきたいものですね。
柿の皮のチップスは、柿を食べる際に出る皮を取っておき、レンジでカリッとするまで乾燥させれば簡単に作れます。ぜひ、作りたてのカリッと感を楽しんでみてください!

 

柿の皮チップスのレシピ

【材料】
・柿の皮:適量
・塩:少々

 

【作り方】
1./柿をむいて、皮を用意する。
2./耐熱容器などに皮がかぶらないように並べていく。
3./500wの電子レンジで5分ほど、裏に返して3分ほど、すこし焦げ目がついたぐらいが目安。
4./レンジから取り出して5分ほど冷まし、仕上げに塩をまぶして完成。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい