今が旬! “新タマネギ麹” は万能調味料【発酵でダイエット!(20)】

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.04.19

こんにちは。発酵美容家のザイマリです。麹で作る発酵調味料として、塩麹醤油麹レモン塩麹トマト麹青ネギ麹出汁麹(だしこうじ)などをご紹介してきました。

【“もう一度”基本の「塩麹」の作り方】

醤油麹」がオススメ!!】

【「レモン塩麹」を作ろう!!】

「トマト麹」の超簡単レシピ!

「青ネギ麹」手作りレシピ

発酵万能ソース! 「出汁麹」レシピ

 

今回紹介するのは旬の新タマネギをたっぷり使った“新タマネギ麹”。和洋中どれにでも合う、万能うまみ調味料です。

塩麹と同じ使い方ができ、より甘みと旨みが強いのでコンソメ代わりにスープの素としても使うことができます。そのまま野菜と和えた即席漬物、酢とオイルを混ぜたドレッシングなどオススメ。肉や魚を漬けてそのまま焼いてもふっくら美味しくいただけます。

味玉は最高!

 

新タマネギは水分を多く含んでおり辛味も少なく、血液をサラサラにし、糖質をエネルギーに変える作用などダイエットに向いています。オリゴ糖と発酵パワーで整腸効果も期待できます。

冷蔵庫で3ヵ月、冷凍すれば1年中楽しめますので旬のうちに沢山作ってみては?

 

【材料】

・新タマネギ:大1〜2個(300g程度)

・米麹:100g

・塩:35g

 

※塩分が少なすぎると腐敗してしまう恐れがあるので、米麹に対して35%程度が良いでしょう。

 

【美味しい作り方】

1./米麹と塩を手でよくかき混ぜます。全体がしっとりしてきて手でぎゅっと握って固まるくらいが目安。この混ぜ方が雑で塩が全体に行き渡っていないと、せっかく作った塩麹が腐敗することもあります。

しばらくすると麹の香りが

 

これくらいになるまで混ぜます

 

2./新タマネギを擦りおろし、1と混ぜ合わせます。擦りおろしたばかりだと空気を沢山含んでますが、翌日には落ち着きます。

手で混ぜた方がより美味しく

 

3./煮沸消毒した容器に入れ、常温で1日1回かき混ぜながら1週間ほどで出来上がり。その後は冷蔵庫で保存してください。

初日は色も白くタマネギの香り

 

1週間後には麹の香りに変わる

 

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐に渡り活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい