石垣市公認発酵食、ついに完成!【発酵仮面が行く】

カテゴリー:ニュース
投稿日:2017.03.31

石垣市の公認ブランド「島の発酵食 石垣醸(かも)し堂」の商品発表と試食会が3月27日、石垣市役所で開かれた。本商品はかねてから小泉センセイ(東京農業大学名誉教授、当サイト総合監修)が理事長を務める発酵文化推進機構が協力して開発した。

商品は、島産ひとめぼれの黒麹を配合した「ブラックビネガー」、発酵した島とうがらしと黒麹を使った「黒ぴりっ辛」、パパイヤと黒麹の「黒麹まーさん」、「トマト醤油」、豚肉を使った醤油の「豚醤」の5つ。5月以降に順次、販売・提供していく予定だ。

新開発された発酵食品

 

市役所で行われた会見で小泉センセイは「100%石垣市のものを使っている。ブラックビネガーは日本にはないもので、石垣市のアピールになる。機構は今後も商品を育て、より良いものを作っていきたい」と全面支援を約束した。

市役所で説明する小泉センセイ

 

ちなみに小泉センセイは石垣市の「ゆばなうれ大使」も務めている。「ゆばなうれ」とは沖縄の言葉で「作物の豊穣を願う」という意味で、小泉センセイは石垣市の「経済大使」を担っている。

商品は「全国発酵のまちづくりネットワーク協議会」の全国発酵食品サミットに合わせ、日本橋の高島屋でも10月4日から1週間、加盟自治体とともに紹介、販売される予定。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい