話題の「インカインチオイル」は優秀オイル

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.09.19

「油は身体によくない」「油は太るもと」というように、まだまだネガティブな印象のある“油”。たしかに、さまざまな食材と比べてカロリーは高めだし、「脂肪=油」のイメージもある。

ところが、最近になって油への見方が変わってきつつあるという。「油全般が悪いのではなく、種類によってはむしろ積極的にとりたい油もある」という考え方がスタンダードになってきているのだ。つまり、身体を健やかに保つために必要な油と、そうでない油があるということになる。

積極的にとりたい油のひとつに「オメガ3」と呼ばれるものがある。身体の調子を整え、身体がサビていくのを防ぐ働きがあるとされるオメガ3は、意識的にとらないと普段の食事では不足しがちになるとも言われている。

中でも注目すべきは、「インカインチオイル」。インカインチオイルの原料は、アマゾン産のグリーンナッツで、ビタミンEのほかにもさまざまな栄養を含んでいる。しかも、ほかのオイルとは異なり、酸化にも加熱にも強いので、炒め物や揚げ物にも使用できるというスグレモノだ。

もちろん、サラダにトッピングしてフレッシュな状態で食べてもいいが、生で油を食べることに慣れていない人は、インカインチオイルを使って調理をするという食習慣もおすすめ。健康とアンチエイジングに期待できる「優秀オイル」だ。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい