紅茶薫る自家製燻製ベーコン【発酵でダイエット! (36)】

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.11.26

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。完成までに1週間かかる燻製ベーコンが、一晩で出来てしまう簡単レシピです。専用燻製器で作るイメージのベーコンですが、わざわざ燻製器を買わなくても、使い古した鍋と木のチップの代わりに紅茶の茶葉を使うことで、簡単に自家製ベーコンが作れます。

紅茶以外でも、ウーロン茶、ほうじ茶、玄米茶、緑茶、麦茶、どんな茶葉でも燻製が楽しめ、バジル、ローズマリーなどのハーブを加えれば香り良いオリジナル燻製が楽しめます。燻製時に滴(したた)り落ちる油が茶葉にかかってしまうと、煙が出やすく味も落ちてしまうので、茶葉をアルミホイルで覆うのがポイントです。煙は少ないですが、匂いがキッチンに充満しますので作る時には換気扇を回してくだいね。

 

紅茶薫る自家製燻製ベーコンの作り方

【材料】

・豚ばら肉(ブロック):400g

・塩:40g(肉の10%の量)

・ブラックペッパー:小さじ1

・紅茶の茶葉:大さじ3

 

・鍋の直径に合う、蒸し器や網

・アルミホイル

・使い古した鍋

※空焚きするのでテフロン加工やフッ素樹脂加工の鍋は使わないこと

100円ショップの蒸し蓋を使用

 

【作り方】

1./豚ばら肉に塩とブラッックペッパーを揉(も)み込み、キッチンペーパー、ラップで包み、冷蔵庫で一晩寝かせる。

塩とブラックペッパーはたっぷり

 

2./1を軽く流水で洗い、水気をよく拭き取り、ラップをかけずにそのまま冷蔵庫で約6時間乾燥させる。

約6時間冷蔵庫で乾燥させる

 

3./2を冷蔵庫から出して室温に戻しておく。

4./鍋にアルミホイルを敷き、その上に紅茶の茶葉を入れ、さらにアルミホイルで蓋をする。その上に網や蒸し器をセットし3をのせ、中火で加熱する。

アルミ・茶葉・アルミの順で蓋をする

 

豚ばら肉をセット

 

5./白い煙が出てきたら、アルミホイルで覆った蓋をして、中火で20~30分燻製する。串を刺してみて、透明な肉汁が出ればOK。粗熱がとれたら食べやすく切って召し上がれ。(お肉の大きさによって燻製時間は調整してください)

換気扇は必ず回そう

 

ジューシーなベーコンの出来上がり

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい