美味しい手絞り果汁ポン酢の作り方

カテゴリー:醤油
投稿日:2017.11.03

 鍋に天ぷら、野菜の煮浸し、サラダにと大活躍するポン酢。柑橘類にはビタミン類が豊富でお酢には冷え予防、疲労回復など健康食品としても定評があります。手絞りの果汁を使えば、キリッとした香りも引き立ちプロ顔負けのポン酢が作れます。熱湯消毒したビンに入れ、冷蔵庫で保管すれば数ヵ月は持ち、また、味もまろやかになってきます。

甘みを足さずに作るすっきりした味わいのポン酢レシピですが、やさしい酸味が好みの場合は、使う前に出汁少々で割るといいでしょう(出汁を加えたポン酢は日持ちが悪くなるので、2〜3日で使い切りましょう)。

 

【材料】

・かぼす、すだち、ゆずなど柑橘類:4〜5個(※果汁180ml分)

・酢:果汁と同量(180ml)

・醤油:果汁と同量(180ml)

・昆布:1切れ

※作りやすい分量で紹介していますが、手に入った柑橘類の量に合わせて、他の材料を調整して作れます。

 

【作り方】

1./かぼすなど柑橘類を絞り、果汁を量る(種等は除くこと)。

かぼすを絞る

 

2./1と同量の酢、醤油に1を混ぜる。

酢、醤油と混ぜる

 

3./昆布を入れ、冷蔵庫で寝かせる。作ったその日から使えるが、1日〜1週間ほど置くとより味がまろやかになる。

出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい