追い麹でダブルの旨味! 「追い麹味噌漬け」

カテゴリー:漬物
投稿日:2017.07.17

 味噌の旨味は麹によるものが大きいですが、この味噌にさらに麹と出汁昆布を加えて漬け床にする「追い麹味噌漬け」を作りましょう。追い麹の量はお好み次第。夏野菜を漬ければ、半日で旨味満点の味噌漬けが出来上がります。

 

 追い麹味噌漬けの作り方

 作り方はごく簡単。味噌に麹、出汁昆布だけです。お好みで鷹の爪を加えてもピリッとした夏向きの漬け物になります。漬け床を作ったら、1日寝かせて麹を起こしてやるのがコツです。

 

【材料】

・味噌:カップ1

・米麹:味噌の1/4程度

・出汁昆布:5cm程度

 

【作り方】

1./密封袋に味噌、麹、1cm程度に切った出汁昆布を入れてよく揉んで混ぜ、1日寝かす。この時点で水分がなくても、漬けた野菜から水分が出るので大丈夫。

全て入れて揉んで混ぜる

 

2./きゅうり、にんじんなどを一口大の乱切り、新生姜は薄く切って1に入れ、少し揉んで冷蔵庫で半日漬けて出来上がり。

※すぐに食べない場合は野菜は切らずに漬ける。漬け床は2~3回は使える。あまりにも水分が多くなったら、味噌と麹を足す。

漬け始め。まだ漬け床はぼそぼそ

 

漬け込み半日でこんなに水分が

 

追い麹の旨味が効いた逸品

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい