炊飯器で作る!! しっとり塩麹チャーシュー

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.06.26

 自家製チャーシュー作りに挑戦したくても、「火加減が難しそう」「硬くなってしまうのでは?」「圧力鍋を持っていないから」などと諦めてしまっていませんか? でも大丈夫。自宅にある炊飯器と塩麹で、誰でも簡単に絶品チャーシューが作れてしまうんです! 炊飯器の機能を利用するので火加減を気にする必要はありませんし、塩麹の酵素の働きのおかげで冷めてもしっとり柔らかく仕上がります。

 

【材料】

豚肉ブロック:300g

塩麹:大さじ2

 

(調味液)

醤油:大さじ1

酒:大さじ2

はちみつ:大さじ1と1/2

ネギ:適宜

ニンニク:1片

生姜:10g

少ない調味料でも本格味に

 

【作り方】

1./食品保存袋などに塩麹と豚肉を入れて揉みこみ、空気を抜いて冷蔵庫で半日から1日寝かせます。

酵素の働きで柔らかくなります

 

2./麹を袋の中で拭(ぬぐ)い落とすようにして取り出し、軽く豚肉の水分を拭きとります。熱したフライパンに薄く油をひいて、豚肉の表面に焼き色を付けます。

肉の旨味を閉じ込めます

 

3./麹の残っている袋に醤油、酒、はちみつ、ネギ、ニンニク薄切り、しょうが薄切りを加え、焼き色をつけた豚肉を戻します。

 

※焼いた肉は高温になります。破損を避けるために食品保存袋は耐熱温度の高い商品を選ぶか、一度肉を皿に取り出して表面温度を下げてから袋に入れるなどの配慮をお願いします。

熱で穴が開かないように注意

 

4./袋の空気を抜いてしっかり閉じ、炊飯器に入れたら沸かしたお湯をかぶるくらい注ぎます。

お湯の量はひたひたになるくらい

 

5./浮いてこないように耐熱のお皿などで押さえます。

お皿をおもり代わりにして

 

6./保温モードにセットし、4時間放置します。

炊飯と間違えないように注意!

 

7./炊飯器から取り出し、粗熱が取れたら完成です。残った漬け込み液は、煮詰めてタレとしてご利用ください。

絶妙の焼き加減で仕上がりました

 

【活用レシピ1:自家製チャーシュー麺】

自家製なら贅沢に乗せられます

 

【活用レシピ2:自家製チャーシュー丼】

ひと口大にしてご飯に乗せるだけ

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい