【発酵でダイエット!(12)】罪悪感なし!! の“甘酒牛丼”

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.02.06

こんにちは。発酵美容家のザイマリです。砂糖、みりんで作る普通の牛丼よりカロリーを40%ほど減らすことができ、出汁を入れていないのに旨みがジョワ~と広がる“甘酒牛丼”はいかがですか。

酒、みりんも使わずに、甘酒と醤油だけで作ります。米麹から作られた甘酒は、酒やみりんと同じ米と麹でできているので、酒やみりんの代用になります。

また甘酒は、塩麹と同じように肉や魚の旨味を引き出し、ふんわりジューシーにしてくれる効果がありますので、甘酒を加えて煮物を作ると材料がとても柔らかく、優しい味の煮物になります。

牛丼が食べたい!でもカロリーが気になるという方は、ぜひ試してみてください。安いお肉でも高級肉のような柔らかさに変わりますよ!

 

【材料】(2人分)

・牛薄切り肉:200g

・玉ねぎ:1/2個

・醤油:大さじ2

・甘酒:大さじ4以上(物によって甘みが違うので調節してください)

・水:50cc

・ごはん:2杯分

 

【作り方】

1./ジッパー付きポリ袋に牛肉と、半量の甘酒(大さじ2)を入れよく揉み30分程おく。

よく揉んで30分程おく

 

2./醤油ともう半量の甘酒、水を鍋に入れ、玉ねぎの薄切りを入れてしんなりするまで煮る。牛肉を手でほぐしながら入れて5分ほど煮たら、出来上がり。

罪悪感なしのダイエット牛丼

 

あっさりした味わいなので、パンチの効いたにんにく醤油麹の卵黄漬けがよく合います。

 

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐に渡り活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい