もちもち!? 不思議食感の「呉豆腐」が美味すぎる!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.10.14

呉豆腐(ごどうふ)は、豆乳に葛粉(くずこ)や片栗粉などを混ぜて固めた佐賀県、長崎県の郷土料理です。食感はもちもちプルプルで、豆腐とはまた一味違ったおいしさがあります。材料も作り方も簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

「呉豆腐」の作り方

呉豆腐のプレーンを作ります。豆乳は無調整のものを選びましょう。また本来は葛粉を使用しますが、今回は入手の簡単な片栗粉で代用します。基本ができたら、アレンジレシピも楽しみましょう。また基本は冷やしていただきますが、一度冷やしたものをレンジで少し温めると柔らかめのプリンのような食感になります。

 

【材料】茶碗約4個分

〔呉豆腐〕

・無調整豆乳:500g

・片栗粉:50g

・塩:ひとつまみ

 

〔味噌だれ〕

・白ごま:大さじ2

・味噌:大さじ2

・砂糖:大さじ1

・みりん:大さじ2

 

【作り方】

1./鍋に豆乳と片栗粉、塩を投入し、よく混ぜて片栗粉を溶かす。

2./片栗粉が溶けたら、弱火で混ぜ合わせながら加熱し、もちもちとまとまるようになるまで、よく練る(5~8分程度)。

godoufu_2fix

弱火にかけて2分

少し粘り気が出てくる

 

godoufu_3fix

5分後

焦がさないようによく練る

 

3./湯呑茶碗にラップを敷き、その上に2を入れて輪ゴムで巾着状にしっかりとじる。

godoufu_4fix

 

4./ボウルに水を入れ、3を冷やして粗熱を取る。粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れて冷やす。

godoufu_5fix

 

5./味噌だれを作る。味噌だれの材料を鍋に投入し、さっと煮立てて出来上がり。

6./冷やした呉豆腐を器に盛って、味噌だれをかける。

godoufu_6fix

甘味噌と呉豆腐がマッチ!

 

【呉豆腐アレンジ】

基本の呉豆腐の材料にエビと鶏肉を入れて三つ葉を飾り、そばつゆでいただきます。

 

【材料】

・無調整豆乳:500g

・片栗粉:50g

・塩:ひとつまみ

・酒:小さじ1/2

・エビ:中ぐらいのもの2尾

・鶏胸肉:50g

・そばつゆ:適宜

 

【作り方】

1./エビ(冷凍なら解凍後)と鶏肉は小さめのサイの目に切っておく。

2./基本の作り方と同様に、片栗粉を溶かしてから弱火にかける。そこに1を投入し、加熱してもちもち感が出るまで練る(5~7分程度)。エビと鶏肉に火が通っていることを確認する。

3./茶碗にラップを敷き、その上に三つ葉を裏返して載せ、2を入れて輪ゴムでとじる。

godoufu_7fix

三つ葉は裏返しに入れる

 

4./呉豆腐のプレーンと同様、水で冷やした後、冷蔵庫で冷やす。

5./4を器に盛り、そばつゆを入れて出来上がり。

godoufu_8fix

三つ葉がおしゃれ!

 

godoufu_1fix

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい