作り置きの逸品!“色々キノコの自家製なめたけ”

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.10.12

これさえあればご飯が何杯も食べられちゃう炊きたて新米ご飯にぴったりな“色々キノコの自家製なめたけ”は大量に作っておけば常備菜にも◎。

出来上がったものを買うと結構いいお値段がしますが、自分で作ればお財布にも優しく、卵焼きや納豆に加えたり、青菜などの野菜と和えたりとあと1品欲しい時にも重宝します。

えのきだけでなく、椎茸、舞茸、しめじ、エリンギなどのお好きなキノコをミックスして作ることで、シャキシャキコリコリっとした食感やそれぞれの旨味が引き立ち、とっても美味しくなります。

キノコは美味しいだけでなく栄養も豊富で、近年、大麦ダイエットでも注目されキノコに多く含まれる水溶性食物繊維の一種“β-グルカン”は、糖質の吸収を抑え、血中コレステロールを低下させる効果があると言われています。

また免疫細胞を刺激しガン細胞の増殖を防ぐとみられ、キノコから抽出されたガン治療薬もあるほどです。

 

【材料】

・えのき、しめじなどお好きなキノコ:各1袋

(★調味料)

・醤油:大さじ3

・酒:大さじ3

・みりん:大さじ3

・酢:少々

※調味料の黄金比は1:1:1。隠し味に酢を入れることで味が引き締まります。

 

【作り方】

1./えのきは石づきを切り、他のキノコと長さを揃えて半分に切ります。

しめじ、舞茸は石づきを切り、食べやすい大きさに割いておきます。

nametake_1

 

2./鍋にキノコ類と★の調味料を入れ中火にかけ、焦がさないように煮詰めていきます。

nametake_2

 

3./水分がなくなってトロトロになってきたら酢を入れ、弱火でさらにに煮詰めたら出来上がり。

nametake_3

 

煮沸した瓶に詰めれば冷蔵庫で10日ほど日持ちします。

nametake_4

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい