乳製品砂糖不使用“チョコバナナアボカドムース”

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.09.14

ムースといえば、生クリーム・牛乳・バニラビーンズ・グラニュー糖などを加熱し、ふやかしたゼラチンを加えて溶かすなど、時間と手間もかかりますが、今回は3分でできる超簡単ロースイーツを紹介します。乳製品・砂糖不使用“チョコバナナアボカドムース”は火も使用せず、切って混ぜるだけ!

ロースイーツとは、卵・砂糖・乳製品を一切使用せず、ナッツや果物をたっぷり使って非加熱で作るスイーツのこと。豊富な酵素が消化を助け素早くエネルギーに変えてくれるので、余分なカロリーが蓄積されることがないと言われています。

見た目や味は通常のスイーツと変わらないので、ベジタリアンのみならず、アレルギーを持つ方やダイエット中の方からも注目を浴びています。

アボカドは「食べる美容液」とも呼ばれ、「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックに記録されているスーパー食材。

abogadobanana_2

 

脂質が多いものの、悪玉コレステロールを減らすオレイン酸がほとんどで、他の脂肪酸に比べ酸化しにくいという特長があります。

しかも食物繊維はキャベツやセロリの3倍で青果の中ではトップクラス!!

バナナもビタミン・ミネラルがバランス良く含まれており、特にビタミンB6はバナナ1本で1食分に推奨される量を摂取できます。

ビタミンB6は、つわりの軽減や月経前症候群(PMS)の軽減、皮膚炎、貧血の予防など女性は積極的に摂取したいビタミンです。

バナナは、成熟すると皮に現れてくる茶色い斑点(シュガースポット)が出ているものを選びましょう。自然な甘みが増してるばかりでなく、免疫増強効果が8倍も違うそうです!

abogadobanana_3

 

●「チョコバナナアボカドムース」レシピ

【材料】2人前

・熟したアボカド:1個

・熟したバナナ:2本

・ココアパウダー(ローカカオパウダー):大さじ1

・レモン汁:少々(酸化防止程度)

 

【作り方】

全てをブレンダー(ミキサー)で混ぜ、冷蔵庫で冷やすだけ !!

ココアパウダーを加える前のバナナアボカドムースを先に入れるとカラフルな2層になります。

abogadobanana_4

※ココナッツオイルを入れるとコクが増します。

※甘みが足りなければ、メイプルシロップ、ココナッツシュガー、アガベシロップ、甘酒などで甘みを調整してください。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい