保存食を美味しくアレンジ! 焼き鳥缶で作る鶏五目ごはん

カテゴリー:レシピ
投稿日:2018.08.30

9月1日は防災の日です。今年は大きな地震や、豪雨による水害などもありました。改めて避難経路や避難場所、家族との連絡方法や非常用の備えを確認された方も多いのではないでしょうか。
まだ確認や見直しをされていない方も「防災の日」を機に必要なものの買い足しや、賞味期限が近い非常食の入れ替えをしておきましょう。

もしものための備えとして、すぐ食べられる缶詰めを用意しているご家庭も多いと思います。中でも「焼き鳥の缶詰」はお子さんにも食べやすく、おかずにもおつまみにもなるので人気の缶詰です。今回はそんな「焼き鳥の缶詰」を使って作る「鶏五目ごはん」をご紹介します。

非常食の入れ替えで出た缶詰を美味しくリメイクして、食卓の主役にしてみませんか。常備食としてストックし、消費してまた買い足す「ローリングストック」のオススメ缶詰です。

【関連記事】缶詰のローリングストックで備えよ!

 

焼き鳥缶五目ごはんの作り方
【材料】(米2合分)
・米:2合
・やきとり缶:2個
・ごぼう:1/2本
・人参:1/2本
・しめじ:1/2パック
・油揚げ:長方形のもの1/2枚分
・醤油:大さじ1と1/2
・酒:大さじ1
・砂糖:小さじ2

 

【作り方】
1./お米を普段通りに研いで水を切り、炊飯器に入れて2合の目盛に合わせて水を入れます。そのまま30分程度おきます。

水加減はいつも通りに

 

2./お米を浸水している間に、ごぼうはささがきにして5〜10分水にさらしておきます。しめじは石づきの根の汚れた部分を切り落とし、汚れを拭き取り、小房に分けます。にんじんと、油揚げは短冊切りにします。

具沢山がうれしい

 

3./1に醤油、酒、砂糖を入れてざっと混ぜたら2をのせ、焼き鳥の缶詰の中身をタレごと入れます。炊飯器の蓋をして、スイッチを入れて普通に炊きます。

具は混ぜ込まず、のせるだけで良い

 

4./炊き上がったら15分ほど蒸らし、釜の底から返すように大きく上下に混ぜ合わせれば鶏五目ごはんは完成です。

おこげも美味しそう

 

5./ごはん茶碗に盛り付けて、お召し上がりください。

年に一度と言わず何度も作りたい

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい