パンの耳で作る「くるくるフレンチトースト」

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.05.29

サンドイッチなどを作るとパンの耳が余ることがあります。そこで、耳を利用したおしゃれなフレンチトーストを作りましょう。見た目も楽しく、普通のパンで作るよりモチモチ感があって、食べ応え十分です。耳は冷凍できるので、作れる量までストックしておくのがおすすめです。

 

レシピ

フレンチトーストはプレーンでももちろんおいしいですが、ここでは溶けるチーズをアクセントに甘みを抑えた大人の味に仕上げます。プレーンの場合は、砂糖を小さじ2にし、チーズをバターかオリーブオイルに代えてください。

【材料】

・食パンの耳:1斤分

・たまご:1個

・砂糖:小さじ1

・牛乳:150cc

・溶けるチーズ:適宜

 

【作り方】

1./ボウルにたまご、砂糖、牛乳を入れて混ぜる。

2./1に食パンの耳を入れ、液がなくなるまで浸す。

3./フライパンを弱火にかけ、溶けるチーズを入れて溶かし、一度、火を止める。主役となる耳を渦巻き状にしてチーズの上に置き、どんどん耳を巻いていく。巻き終わったら再度弱火にかける。あまり大きな渦巻きを作るとひっくり返しにくくなるので、直径10cm程度にとどめておくとよい。

kurukuru_2

溶かしたチーズ上に渦巻きの芯を作る

 

4./チーズの接着力と、卵液の接着力により、渦はほどけることなくきれいにくっつく。これを5分程度焼いてひっくり返し、裏面も焼いて完成!

kurukuru_3

 

編集部でも作ってみました。焼きはじめは渦巻きがほどけてしまうかとハラハラしましたが、意外と強力にくっついてきれいな渦巻きが出来上がりました。焼き上がると、形も崩れずにナイフでサクッときれいに切れました。食感は確かに普通のフレンチトーストよりモチモチしていて、チーズとの相性も抜群でした。朝食には最適かもしれません。

なお、フライパンで巻くのが難しい場合は、小さめの丸いグラタン皿などの中で渦巻き状に巻いてレンジで2分程度加熱し、固めてからフライパンに移して焼き目を付けてもきれいに仕上がります。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい