食物繊維が豊富!! “おしゃぶり昆布”を作ろう【発酵でダイエット!(21)】

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.04.26

 こんにちは。発酵美容家のザイマリです。ダイエット中の小腹が空いた時の強い味方!昔懐かしの“おしゃぶり昆布”を作ってみませんか?

 よく噛まないと食べられないため満腹感が得られやすい上にカロリーも低く、食物繊維はサツマイモの8倍、ミネラルも豊富に含まれており、血糖値やコレステロール、中性脂肪の上昇を抑える効果もあるので美容やダイエットにも最適です。

 また昆布の葉緑素には消臭効果があり、よく噛むことで唾液の分泌を促すので口臭予防にもなるとも言われています。

 出汁を取る前の昆布で作れば、噛めば噛むほど旨味が広がる歯ごたえ十分のおしゃぶり昆布に。出汁をとった後の昆布で作れば、塩味が抜けているのでお好みの味にアレンジしやすい減塩おしゃぶり昆布が出来上がります。

甘辛七味味と出がらし減塩梅酢味

 

【材料】

・出汁昆布:適量

 

A(甘辛味)

・醤油:大さじ1/2

・みりん:大さじ1/2

お好みで一味唐辛子や七味唐辛子、ゴマをかけて

 

B(酸っぱい味)

・すし酢または梅酢:適量

 

【作り方】

1./出汁昆布をキッチンハサミで食べやすい大きさに切る。

これだけでも美味しい

 

2./フライパンに切った出汁昆布、AまたはBを入れ、汁気が飛ぶまで弱火で炒り、お好みで七味唐辛子やゴマを振りかける。

焦げないよう注意

 

3./キッチンペーパーの上に広げ、よく冷まして乾けば出来上がり。

密封容器で保存してください

 

【出がらし昆布での作り方】

1./出がらし昆布にAまたはBを塗り、天日干しか電子レンジで乾かす。

(1回乾かしてから食べやすい大きさに切ると切りやすい)

梅酢塗布

 

2、3回塗って乾かすこと2日

 

暑さに負けない!! 梅酢の使い方3選

 

※妊娠中、授乳中、甲状腺機能障害のある方は食べ過ぎにご注意ください。

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐に渡り活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい