作り置きの逸品!!「食べる旨辛ラー油味噌」

カテゴリー:味噌, レシピ
投稿日:2016.10.27

一時大ブームになった「食べるラー油」。これを味噌ベースにアレンジし、今が旬の落花生を加えて香ばしさと歯ごたえを出した「食べる旨辛ラー油味噌」を作りましょう。常備調味料として、湯豆腐やご飯にのせておいしさ倍増です。

 

「食べる旨辛ラー油味噌」の作り方

鷹の爪の量を変えることで辛さの調整ができます。今回の分量は、多少ぴりっとする程度ですので、辛いのがお好みであれば鷹の爪の量を増やしてください。

【材料】

・ごま油:50cc

・長ねぎ:1/2本

・玉ねぎ:中ぐらいのもの1/2個

・にんにく:3かけ

・鷹の爪:2本

・落花生:10~15粒

・味噌:大さじ3

・砂糖:小さじ1

・酒:小さじ1

ra-yu_2fix

 

【作り方】

1./ねぎ類、にんにく、落花生はみじん切りにする。鷹の爪は種を取ってから、みじん切りにする。

2./味噌に砂糖、酒を入れよく混ぜておく。

3./フライパンにごま油を入れ、弱火で熱しながら1をすべて入れ、木ベラなどでまんべんなくかき混ぜる。

ra-yu_3fix

炒めはじめて3分

まだ色は付いていない

 

4./弱火で材料がきつね色になってきたら火を止めて、ぬれた布巾の上にフライパンをのせて熱を取る。ここで熱を取らないと材料が焦げるので注意。

ra-yu_4fix

炒めはじめて10分

ほどよいきつね色に

 

5./フライパンが冷めたら2を入れてよく混ぜて出来上がり。

ra-yu_1fix

※出来上がったらそのまま置いておくと味をなじんで美味しくなります。1~2週間程度は冷蔵庫で保存が効きます。お好みでオイスターソースを入れると、味に深みが増します。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい