非常時には乾物で栄養補給、切干大根サラダ

カテゴリー:食情報
投稿日:2016.04.24

災害など非常時に不足しがちなのが野菜。新鮮な野菜が手に入りにくい場合に備えて、乾物を常備しておくとよいでしょう。

今回は非常時を想定して、包丁も使わず、ビニール袋と乾燥したままの切干大根とツナ缶で作るサラダをご紹介します。

 

切干大根とツナ缶のサラダ(約2人前)

切干大根:50g

ツナ缶:1缶

ビニール袋:1枚

通常時であれば

マヨネーズ大さじ1、胡椒少々

材料はこれだけです。切干は大根だけでなく、人参なども入ったものを選ぶとよいでしょう。

kanbutsu_2

 

【作り方】

1./ビニール袋にツナ缶を汁ごとあける。

2./切干大根を手でほぐし、食べやすい長さにちぎり、1に投入してよく揉む。

3./30分ぐらい経つと切干大根がツナ缶の汁気を吸ってふやけて食べごろになる。

4./通常時であれば、3にマヨネーズ大さじ1、胡椒少々を入れて出来上がり。

kanbutsu_1

 

災害時にも野菜は大切

災害が起きると物流が滞ることが多くなり、新鮮な野菜を手に入れることも難しい場合があります。こういう時のために、切干大根や干ししいたけなどの野菜の乾物を用意し、簡単な調理法もマスターしておくことをおすすめします。また乾物は栄養満点なので、普段からたくさん摂ることをおすすめします。乾物については「乾物を戻すならヨーグルトで?!」(2016.01.30配信)でも紹介しています。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい