捨てないで! 初夏の味「お茶ガラ」活用レシピ3つ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.06.04

新茶が出回っています。
爽やかな香りと、まろやかな甘み。♪「夏も近づく~」と歌い出したくなる一服の幸せ。
飲み終えて…おっと、捨てるなんてもったいない。お茶ガラは料理に活用できますよ。
京都宇治のお茶専門店で教えていただき、その日の夕食に出したところ、家族から「このおいしい野菜、何?」と尋ねられ、以来、初夏の定番メニューになっています。
お茶の最高品である玉露も、苦みや渋みが強くないので、同じレシピで作れます。

 

「お茶ガラの酢の物」の作り方
いたって簡単。飲み終えた茶葉に、カツオブシをのせてポン酢適量をかけるだけ。ワカメを加えると、リッパな酢の物になります。

 

【材料】
・お茶ガラ:お茶葉5gの茶ガラ
・カツオブシ:適量
・ポン酢:適量(目安として小サジ1)
・ワカメ:お好みで適量

 

【作り方】
1./お茶ガラは軽くしぼって水分を取る。カツオブシをのせ、ポン酢適量をかける。お好みでワカメを加える。

ポン酢はかけすぎない

 

「お茶ガラのおかず」の作り方
おかずになるレシピです。お酒のアテにもイケます。

 

【材料】
・お茶ガラ:お茶葉5gの茶ガラ
・酒:小さじ1
・顆粒だし:小さじ1/2
・しょうゆ:少々
・ゴマ:適量

 

【作り方】
1./フライパンにお茶ガラを入れ、中火で水分を軽くとばす。酒と顆粒だしを入れて、水分がなくなるまで炒める。しょうゆで味を調える。

水分をとばしながら炒める

 

2./ゴマを加える。

白ご飯のおかずに美味

 

「茶ーハン」の作り方
お茶ガラは玉子との相性もバッチリ。玉子かけご飯を作って炒めると、パラパラの仕上がりになります。

 

【材料】
・お茶ガラ:お茶葉5gの茶ガラ
・サラダ油:小さじ1
・ご飯:茶碗1
・玉子:1個
・しょうゆ:適量
・こしょう:適宜

 

【作り方】
1./フライパンに油を入れ、弱火でお茶ガラの水分をとばす。パラパラになるまで炒める。
2./(1で炒めている間に)器に玉子を溶き、ご飯を入れ、しょうゆをかけて、玉子かけご飯を作る。
3./1のフライパンに、2の玉子かけご飯を入れて、強火にして炒め混ぜる。好みでこしょうを振る。

強火でパラパラにしていく

 

茶ーハン、チャーハン

 

福田恭子/フリーランス・ライター。京都市生まれ。ドイツ・テュービンゲン大学で学ぶ。文化を専門として茶道家元や京都の老舗料理店の広報誌編集長を務め、国内各地や世界50カ国で取材。

 

  •                            

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい