白醤油を上手に使おう

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.04.27

今年は新元号に代わる節目の年ということで、ゴールデンウィークが10連休になります。ここまでまとまった連休はなかなかとれませんから、お弁当を持って行楽に行ったり、ホームパーティーを開いたりするご家庭も多いことでしょう。そんないつもと違ったお料理には、使い慣れた醤油ではなく「白醤油」を使って、明るい色味にしてみてはいかがでしょうか。

白醤油は大豆ではなく、小麦から作る醤油で、淡い琥珀色をしています。普通の醤油だと色味が暗くなってしまうお料理も、素材の色が鮮やかに表現できるので料理の幅も広がりそうです。

普通の醤油と、白醤油

 

【関連記事】

簡単に作れる白醤油?! 「白たまり」

 

●かぼちゃの白醤油煮
煮物はいつも茶色。お弁当に入れてもなんだか地味。でも白醤油を使えば野菜の色が生き生きして華やかになりますよ。

 

【材料】(2人分)
・かぼちゃ:1/4個(300~400g程度)
・だし汁:カップ1
・白醤油:大さじ1
・砂糖:大さじ2

 

【作り方】
1./かぼちゃは種とワタを取り、食べやすい大きさに切ります。角をとり、ところどころ皮を剥いておきます。

飾り包丁を入れても

 

2./鍋にだし汁、白醤油、砂糖を入れ中火にかけます。煮立ったら、1を入れます。

蓋をして、時々ゆるく揺する

 

3./串を刺してみて、火が通っているようなら煮汁から上げて完成です。

かぼちゃの黄色が引き立つ

 

●和スイートチリソース
ナンプラーの代わりに白醤油を使い、色鮮やかで和の旨味あるスイートチリソースを作ってみました。

 

【材料】(作りやすい分量)
・水:カップ1/2
・酢:カップ1/2
・砂糖:カップ1/2
・白醤油:大さじ1
・鷹の爪:2本
・ニンニク:1片(中国産なら2片)
・片栗粉:小さじ1
・水:小さじ1

 

【作り方】
1./鷹の爪は種ごと荒みじん切りにし、ニンニクは芽があれば取ってすりおろしておきます。

ビニール手袋の着用推奨

 

2./水、酢、砂糖を鍋に入れ中火にかけます。沸騰したら、1と白醤油を加えます。再び沸騰させ、少し煮つめます。

香りが立ってくる

 

3./一旦火を止め、水溶き片栗粉を加えます。ひと混ぜし、再び火にかけてとろみを付けます。清潔な容器に入れれば完成です。

甘くて辛くて美味い!

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい