【特別講座】食の冒険家 小泉武夫の食文化論

カテゴリー:発酵仮面 投稿日:2018.09.25

味の国境(くにざかい)しずおか

当メディア総合監修の小泉センセイ(発酵学者・東京農業大学名誉教授)が、静岡県にて「味の国境(くにざかい)しずおか」の和食を俎上にのせた地産地消の熱い食文化論を語ります。

 

◇講師:小泉武夫 /東京農業大学名誉教授、農学博士、「和食」文化保護・継承国民会議委員

◇日時:10/13(土) 14:30~16:00

◇受講料・回数:3,000円(1回)

◇会場/静岡商工会議所会館5Fホール(静岡市葵区黒金町)

◇問合せ先:SBS学苑パルシェ校

       Tel:054-253-1221 Fax:054-255-8683

       午前10時~午後8時(日曜、祝日は午後4時まで)

       休苑日はお問い合わせください。

◇その他:*SBS学苑会員は、2,700円で受講できます。

 

<講師プロフィール>

1943年、福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学名誉教授・農学博士。

鹿児島大学、琉球大学、広島大学大学院医学研究科、福島大学ほかの客員教授。「和食」文化保護・継承国民会議委員(農水省大臣官房)。著書に『食あれば楽あり』(日本経済新聞社)、『食と日本人の知恵』(岩波現代文庫)、『江戸の健康食』(河出書房新社)、『醬油・味噌・酢はすごい』(中公新書)など単著多数。25年間連載している「食あれば楽あり」のほか、新聞各紙にコラムを連載中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい