生シラスで作る「シラスの沖漬け」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.07.14

多くの地域で平年より早く梅雨明けし、暑い夏本番がやってきました! さて、夏が旬の海鮮の代表格といえば、シラスが挙げられます。

関東では、湘南地域の名物として有名。江ノ島などでは、シラス丼などを出すお店が賑わう季節です。

新鮮な生シラス

 

シラスといえば、新鮮な生シラスや、釜揚げシラスで食べるのが一般的ですが、「シラスの沖漬け」があるのはご存知でしょうか?

“沖漬け”でよくあるのは、「ホタルイカの沖漬け」。居酒屋さんや海鮮料理屋さんでは、よく見かけるメニューでもありますね。しかし、シラスでもおいしい沖漬けが作れちゃうのです!

湘南地域では、シラス専門店でも販売していることがある沖漬けですが、新鮮な生シラスさえ手に入れば、自宅でも簡単に「シラスの沖漬け」が作れてしまうのです。

お酒のつまみとしてはもちろん、あたたかいご飯のお供にもぴったり。この季節ならではの「シラスの沖漬け」、生のシラスが手に入った際には、ぜひ試してみてください! 美味しいシラスが長く楽しめますよ!

 

シラスの沖漬けの作り方

【材料】

・生シラス:1パック

・酒:50cc

・みりん:50cc

・だし醤油:50~70cc

・鷹の爪:1~2本(お好みで)

 

【作り方】

1./鍋に酒とみりんを入れ、一煮立ちさせてアルコールを飛ばす。

2./1にだし醤油と鷹の爪を加え、一煮立ちさせる。

鷹の爪を入れてピリ辛にも

 

3./生シラスを入れた容器に、冷ました2を入れ、ラップをかけて冷蔵庫で一晩寝かせたら完成(直ぐでも食べられる)。

※冷蔵庫で4~5日ほど保存可能です。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい