手作り! 酵素いちごシロップ【発酵でダイエット! (46)】

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2018.05.19

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。

旬の果物を使って酵素たっぷりフルーツシロップを作ってみませんか?

梅シロップや、今回のいちごシロップのようにひとつの素材で仕込む以外に、複数の果物や野菜を入れて仕込むのもおすすめです。

 

素材と砂糖の比率は1:1が基本

酵素のシロップは、果物や野菜の重さと同じだけの砂糖と1:1の比率で仕込むのが基本(砂糖は酵素が大好物です。できるだけ食材に砂糖がふれるように漬け込みましょう)。黒砂糖などのミネラルを含む甘味料で作ると異常発酵しやすくなりますので、初めての方は上白糖や氷砂糖、グラニュー糖で作ると良いでしょう。

皮つきのままで食べられるような食材は、皮ごと適度な大きさに切り、容器に砂糖と交互になるように入れ、1日1〜2回はかき混ぜましょう。

出来上がりにかかる時間は、果物の状態や気温によっても差があり、夏場は1週間以上、冬場は2週間以上が目安になります。シュワシュワと泡が出てきたら発酵してきた証拠ですので、漉(こ)してフルーツと発酵液に分け、発酵液シロップは瓶に入れて冷蔵保存してください(半年以上保存可能)。シロップは、炭酸や水で割ってドリンクに、漉した後のフルーツはジャムにしたり、ヨーグルトに入れても美味しいですよ。

 

フルーツシロップ作り方

【材料】(作りやすい量)

・いちご:300g

・砂糖(今回は氷砂糖を使用):300g

・煮沸消毒した瓶

 

1./いちごはよく洗い、水気を拭いてヘタを取っておく。

2./瓶に砂糖といちごを交互になるように入れ、最後砂糖でいちごを見えなくし、キッチンペーパーで蓋をするか、蓋をゆるめに閉めておく。

1日でこんなに水分が出る

 

3./1日1回以上、煮沸消毒したスプーンなどでよくかき混ぜ、夏なら1週間以上、冬なら2週間ほど常温の冷暗所で保管し、小さな泡が出てきたら漉して冷蔵庫で保管する。

1週間後

 

今の時期だと10日程で発酵

 

炭酸で割って健康ドリンクに

 

※かき混ぜるのを忘れるとカビやすくなりますのでご注意ください。

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい