旬の美味! クリーミーな白子酒であったまろう!

カテゴリー:酒 投稿日:2018.01.19

寒い日々がつづきますね。お酒好きの方にとって、日本酒の熱燗が美味しい季節でもあります。

高級食材のひとつである白子。主に、魚類の卵巣を総称して白子と呼ばれ、この時季、市場にでまわる白子はタラやアンコウ、フグなどがあります。

タラの白子

 

産卵期をむかえる1~3月頃は、白子がもっともおいしくなる季節。

この時季ならではの白子の楽しみ方は、サッと湯引きしたものをポン酢でいただいたり、表面をかるく焼いていただいたり、お鍋の具材として入れたりするのが一般的な食べ方です。

今回は、ちょっぴりめずらしい、今が旬の白子をつかったクリーミーな日本酒のカクテルをご紹介!

懐石料理などの高級店などでふるまわれることがある白子酒は、新鮮な白子を贅沢に裏ごしして、クリーム状にしたものを熱燗と混ぜていただくお酒。

そのまま食べても美味しい白子を、日本酒と混ぜるなんて、と思う人がいるかもしれませんが、その味わいに驚くことまちがいありません!

和風版カクテルとして、白子酒で贅沢な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

白子酒の作り方(1合分)

純白で美しい!

 

【材料】

・フグやタラの白子(生食用):大さじ3~5杯分ほど

・日本酒:1合(180cc)

 

【作り方】

1./下にボウルを置き、白子をザルに入れてスプーンなどで裏ごしする。

ゴムベラで裏ごししてもOK

 

裏ごし後。とってもクリーミー!

 

2./鍋に日本酒を入れ、沸騰する直前まで温める。

沸騰させないよう気をつけよう

 

3./1のボウルに2を入れ、泡立て器などで泡が立つくらいしっかり混ぜ合わせたら完成。

しっかり泡立てよう

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい