塩専門店、発見! 「solco」で自分の塩に出会う!

カテゴリー:食情報
投稿日:2015.10.30

 最近は料理や食材によって塩を使い分ける、という人も少なくありませんが、そんな人にオススメしたいのが、東京・戸越銀座にある塩専門店「solco」。なんと40 種以上の塩が購入でき、しかも白ごはんのおにぎりで味見することが可能なのです!

 「solco」を訪ねた編集スタッフが試食したのは、濃い茶色が珍しい「ローソク島藻塩」や鉄分由来のかすかな酸味がある「屋我地島の塩」など6種。塩本来の旨味が特徴的なものから、沖縄の紅芋のエキスを加えたピンクがかわいらしい「あっちゃんの紅塩」や、食用炭がブレンドされてほのかな香ばしさが感じられる「クリスタルレークソルトブラック」など変わり種の塩も選びました。

 ひとくちごとに塩違いの「塩むすび」を食べたわけですが、塩ひとつでこんなにも味わいが違うとは! もう、単純に「塩味」という表現が使えなくなりそうです。

 

shiocafe_2

培養試験管を使った容器はスタイリッシュかつ機能的

 

shiocafe_3

食材や料理、その日の体調によって塩を選んでみては?

 

 それにしても、塩専門店ってなかなかないですよね。

 「solco」代表でソルトコーディネーターの田中園子さんは、石巻を旅行したときに「伊達の旨塩」に出会ったことが、塩専門店オープンにつながったといいます。

「『塩ってこんなに旨味があったんだ』と衝撃を受けました」(田中さん)

 その後、塩について学ぶにつれ、その奥深い魅力にますますはまっていったとか。田中さんは200種以上の塩をキープし、厳選した40種を店頭に並べています。

 

shiocafe_4

オーガニックの食材を使った人気の「塩スイーツ」「塩デリ」

 

 solcoには、流行に敏感な若い女性から、料理好きの男性、親しい人へのギフトにしたいという人など、さまざまな人が訪れます。少しずつ購入して、自分の塩コレクションをつくる人も。

「プロの料理人がsolcoを訪れることも多いです。食材を生かすためにいかに塩が大切かを知っているからでしょう」(田中さん)

 こだわりの塩は、都内の一流ホテルや豆腐専門店ほか、名古屋の焼肉店や台湾のバーなどでも扱っているといいます。

 考えてみれば、塩はもっとも基本的な調味料で、人間の生命にとって欠かせない成分を含むもの。今まで安易に選びすぎていた気がします。

 塩にこだわってみたら、新しい味との出会いがあるかもしれません。

 

【solco】

東京都品川区豊町1-3-13 モアビル1F

TEL:03-6426-8101

営業時間:11:00~19:00

定休日:火曜日

HP: http://www.solco.co/

 

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい