簡単にツルン!サトイモの皮むきの裏ワザ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.12.08

サトイモが豊富に出回る時季になりました。サトイモは煮っころがしの定番ですが、皮むきはぬるぬるしていて大変、という声を聞きます。まして小さいサトイモになると、包丁でむくと食べるところがなくなりそうだし、やはり面倒です。そのためなかなか手が出にくいものです。そこで、包丁をほとんど使わずにツルン!とむける裏ワザをご紹介します。どんなに小さなサトイモでも、気持ちよくきれいにむくことができます!

 

サトイモの皮むきの裏ワザ
電子レンジを使うやり方もありますが、レンジにかけすぎるとサトイモがすかすかになってしまうので、茹でてからむく方法をご紹介します。コツはイモを生茹での状態で止めることです。茹ですぎると、手で押し出すときに形が崩れてしまいます。

 

1./サトイモ(どんなに小さくてもOK)を一度にたくさん洗い桶に入れて、水をたっぷり注ぎ、サトイモをこすり合わせるようにゴロゴロ転がしながら泥を落として洗う。水がきれいになるまで、3~5回ぐらい繰り返してザルに上げる。

小さいものでもOK

 

2./親イモについていた方(かさぶたのようになっている方)を包丁で切り落とす。

親イモについていた方を切り落とす

 

3./鍋に2を入れ、たっぷりの水を注いで茹ではじめる。
4./サトイモの大きさにより茹で加減はまちまちなので、10分ぐらい茹でたところで1つ取り出し、水で少し冷やしてから手で押し出すようにつまんでみる。皮がむけそうであればすべてザルに上げる。
5./少し冷やしてから切り口に向けて手でつまんで押し出すと簡単にツルンとむける。冷やしすぎるとむきにくくなるので注意。

そっくりツルンと楽にむける

 

むいたサトイモは煮っころがしにします。ある程度茹でてあるのですぐ柔らかく煮上がります。

【材料】
・むいたサトイモ:500g
・鰹出汁:200ml
・醤油:大さじ3
・本味醂:大さじ3
・砂糖:大さじ1

【作り方】
1./サトイモを鍋に入れ、調味料を入れて中火にかける。
2./煮立ってきたら、鰹出汁を入れて煮る。煮汁が1/3ぐらいになったら出来上がり。

素朴な味でいくらでも食べられる

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい