プロの味! 鶏ささみの山椒味噌焼き

カテゴリー:味噌
投稿日:2017.05.15

 山椒は古名を「ハジカミ」といい、『古事記』にも登場するほど古くから日本で使われてきた香辛料です。独特の香りとピリッとした辛味が魅力で、一振りするだけで、いつもの料理が“プロ”の味に!

 日本伝統の発酵調味料・味噌との相性も抜群なので、練り味噌風にして鶏ささみを使った一品にしました。練り味噌風のたれは、焼きおにぎりやふろふき大根、味噌炒めなどさまざまに使えます。

 ぜひ、好みの使い方を見つけてください。

 

【材料】

鶏ささみ:6本(約300g)

塩:少々

味噌:大さじ1

みりん:大さじ1

粉山椒:小さじ1/2

 

【作り方】

1./鶏ささみは筋を取り、厚みのある部分に切れ目を入れて開き、均一にする。塩をふり、冷蔵庫で5分ほど置く。

鶏ささみに塩をふり、少し置く

 

2./味噌とみりんをよく混ぜ、粉山椒も加え混ぜる。

味噌、みりん、粉山椒を混ぜる

 

3./天板にオーブンシートを敷いて1を並べ、2を表面に塗る。

鶏ささみに山椒味噌を塗る

 

4./200℃のオーブンで20分程、鶏ささみに火が通り表面がこんがりするまで焼く。

出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい