コク味の逸品! 「黄身味噌」

カテゴリー:味噌
投稿日:2017.05.08

 黄身味噌とは、味噌に卵の黄身だけを入れて練り上げたもので、とてもまろやかでコクがあります。鰆(さわら)や鱈(たら)などの白身の魚や、肉、野菜など何にでも合い、ご飯にのせただけでもおかわり必至!

 

 黄身味噌の作り方

 今回は以前紹介した西京風味噌(白味噌)で作ります。赤味噌でもできますが、その場合は塩分が強いので味噌の割合を2/3にしてください。

 

【材料】

•白味噌:300g

•日本酒:100cc

•卵黄:2個分

•みりん:大さじ1

•砂糖:大さじ1

今回は白味噌を用意

 

【作り方】

1./鍋に日本酒、みりんを入れ、火にかけて沸かしアルコール分を飛ばす。

2./いったん鍋を火から下ろし、味噌、砂糖、卵黄を入れてよくかき混ぜて再び弱火にかける。

火から下ろして卵黄を投入

 

3./ゴムべらで鍋底が焦げないように絶えずかき混ぜ練っていく。この時卵黄が固まらないようにかき混ぜ続けるのがポイント。

4./最初はとろとろだったものが、5~10分程度経つと水気が飛んで粘度が増してくる。味噌がへらについてくるまで練れたら出来上がり。

最初はとろとろ、ぽたぽたする

 

10分後。粘度が増す

 

5./冷めたら空気をなるべく入れないように保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。

 

 今が旬の筍を薄味で煮て、黄身味噌をかけてオーブントースターで10分程度焼き、香ばしく焦げ目をつけたら「筍の黄身味噌焼き」の出来上がり!

旬の筍にのせ、山椒の芽を添えて

 

【2週間でできる! “西京風味噌”を作ろう!】

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい