初めてでも失敗しない“こねない鍋パン”【発酵でダイエット!(19)】

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.04.15

 こんにちは。発酵美容家のザイマリです。パン作りが初めての方でも簡単で失敗しない、生地をこねずに混ぜて放置するだけの“こねない鍋パン”はいかがでしょうか?

 パン作りにおいて初心者には見極めが難しい発酵時間や温度を気にせず、難しいこねる作業や成形する工程もいらないのでキッチンが粉だらけにならずに片付けも楽チン。

 材料をサクッと混ぜてあとは放置(発酵)するだけで、パン屋さんで売ってるような本格ハード系パンが作れます。

焼き立てのこねない鍋パン

 

 しかも、寝る前に生地を作って野菜室に入れておけば、寝てる間にゆっくりと低温発酵し、朝には小麦からうまみ成分が湧き出した香り豊かな美味しい本格パンが召し上がれます。

 鍋を型に使うので成形の心配もいりません。外はパリッ、中はふっくらの焼きたてパンは幸せな気持ちにさせてくれます。

 

【材料】(直径20cm以上の鍋使用)

・強力粉:300g

・ドライイースト:小さじ1

・砂糖:小さじ2

・塩:小さじ1/2

・水:200cc

 

【作り方】

1./ボウルに材料をすべて入れ、ヘラでザックリまとまるくらい約2分混ぜ合わせる。

これくらいザックリでOK

 

2./全体をひとつにまとめて約2倍に膨らむまで常温で一次発酵させる。(約1.5〜2時間)すぐに食べない場合は野菜室で一晩寝かせておく。

ラップをかけて乾燥を防ぎます

 

常温で2時間後

 

3./膨らんだ生地のふちに分量外の強力粉を振り生地を引っぱりだし、表面がなめらかになるよう丸めこみながら裏側にとじていく。

外側からヘラでこそげとる

 

4./鍋にクッキングペーパーを敷いて生地を置き、表面に多めの強力粉を振り、蓋をしてさらに1.5倍くらいになるまで常温で二時発酵させる(約1時間)。

鍋に入れ蓋をして1時間放置…

 

こんなに大きく! クープを入れる

 

5./200℃に余熱したオーブンに鍋を入れ、蓋(またはアルミホイル)をしたまま30分焼き、蓋を外してさらに20〜30分焼く。

部屋中にパンの良い香りが漂い、お好みの焼き色がついてパリッとしたら取り出して粗熱をとる。

外はパリパリ、中はフワッフワ

 

※鍋はオーブン料理可能な鋳物ホーロー鍋、土鍋、ダッチオーブン、フライパン、ケーキ型などを使用してください。

※朝一で食べたい時は、寝る前に生地を作り野菜室に入れてゆっくりと一次発酵、朝起きて成形→二次発酵→焼成して召し上がれます。

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐に渡り活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい