甘酒卵焼きの絶品度!!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.04.05

 お弁当の人気者と甘酒のコラボが実現!

 お花見シーズンが到来しました。お弁当を彩る人気メニューと言えば、子どもから大人まで大人気の卵焼きです。ご家庭によって、甘い味つけやしょっぱい味つけなどのバリエーションがありますが、甘い卵焼き派の皆さん! 砂糖の代わりに、「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富な甘酒を使ってみませんか? 健康的で美味しい卵焼きは、お花見のお供にピッタリです。

 

【材料】

・卵:2個

・甘酒:大さじ2(砂糖無添加で、アルコール分のないタイプのもの)

・塩麹:小さじ1/2~1(塩なら2つまみ程度)

・サラダ油:適宜

※今回は味に深みを出すために塩麹を使用していますが、顆粒だしや醤油、出汁醤油などでも代用できます。普段使っている材料で、気軽に挑戦してみてください。

 

【作り方】

1./ボウルに卵を割り入れ、甘酒と塩麹を加えて混ぜる。

麹の粒が気になる場合は裏ごしを

 

2./普段の卵焼きと同様に、巻きながら焼けば完成。

甘酒が沈まぬよう混ぜてから注ぐ

 

 砂糖で作るよりもゆるめの卵液になるので、出汁を入れる場合は気を付けてください。また、ほんのり甘い程度がお好みの方は、甘酒の量を半分程度に減らすと美味しくいただけます。

 

【アレンジ1:巻きすで形を整えて、伊達巻風に!】

1./一般的な卵焼きよりも巻き始めを小さくして、なるべく丸くなるように焼く。焼きにくいようであれば、卵液の量を増やすと巻きやすくなる。

材料を2倍にすると巻きやすい

 

2./巻きすで巻いて形を整えれば、伊達巻風卵焼きの完成。

多少形がいびつでも、巻けば整う

 

伊達巻が苦手な人にも好評!

 

【アレンジ2:箸を巻き込んで花形に!】

 巻きすで巻く際に箸を5本添えて巻き、冷めるまで待てば花形の卵焼きになります。

輪ゴムでしっかり締めつける

 

お花見弁当の華やかさアップに

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい