アメリカで爆発的人気! シラチャーソース

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.04.01

 シラチャー・ソース(Shiracha sauce)をご存知でしょうか。

 米国で数年前から爆発的な人気をみせ、いまでは完全に市民権を得たタイ風ホットチリソース。発祥はタイのシーラーチャ郡で伝わる唐辛子ソースでしたが、米国・カリフォルニアのフイ・フォン・フード(Huy Fong Foods)社が開発したチリソースを「シラチャー・ソース」として売り出したことから全米で広まり、今ではアジア系料理店はもちろん、ハンバーガーショップやピザショップなどでも、タバスコのような存在感でテーブルに置いてある定番調味料となっています。

 日本では、輸入食材を取り扱うお店や通販サイトで購入可能(最近は大手スーパーでも目にする機会があります)ですが、まだまだ目にする機会は多くありません。

市販の「シラチャー・ソース」

 

 唐辛子、酢、にんにく、砂糖、塩が主な原料。シーフード料理はもちろん、肉料理やパスタ、フライドポテトなどにもピッタリです!今回は、朝食の目玉焼きとソーセージのソースとして試してみましたが、パンチの効いた味わいで朝から目がバッチリさめました!白米にも合わせてみましたが、意外にも好相性。ただし、辛いのが苦手な方は付ける量に注意が必要です。

「何にでも合う」との評判は間違いなかった!

 

 今回は、市販の「シラチャー・ソース」の味の再現に挑戦です!意外に簡単で、辛さや甘さの調節も可能、何より、添加物のない純粋なソースが味わえるので、オススメです。

 

●自家製シラチャーソースのレシピ

伝統調味料の「かんずり」のよう

 

【材料】

・粉末唐辛子:120g

・水:1/3カップ

・ホワイトビネガー:1/2カップ

・にんにく:3片

・砂糖:大さじ3

・トマトソース:大さじ3

・ナンプラー:大さじ2

・中華だしの素:大さじ1

・塩:適量

 

【作り方】

1./フードプロセッサーやミキサーにすべての材料を入れ、なめらかになるまで混ぜる。

こんな状態を目安に

2./1を鍋に移して、弱火にかけ、フツフツと沸騰した状態から15分ほど煮る。焦げないように注意しよう。

3./甘みや塩気が足りなかったら、砂糖やナンプラー、塩を入れて調節する。

4./火からおろし、完全に冷めたら密閉容器に入れて冷蔵庫で保存。1ヵ月ほどで食べきろう。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい