フライパン1本でできる!! スピードザワークラウト

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.03.22

 キャベツを塩もみして、漬け込むドイツ伝統の保存食がザワークラウト。独特の酸味が特徴です。本場では煮込み料理などに加えて食べることが多いようですが、日本ではやはりソーセージの付け合わせとしてが人気でしょうか。ただなかなか常備しているお家は少ないもの。ちょっと欲しいなというときに、酢を使ってさっと作れるザワークラウト風の酢煮をご紹介します。ソーセージや肉料理の付け合わせのほか、サンドイッチの具にしたり、マヨネーズで和えてサラダに使っても美味しい!

 

【材料】

キャベツ:250g

オリーブオイル:大さじ1

穀物酢:大さじ4

砂糖:大さじ2

塩:少々

粒こしょう:2~3粒

ローレル:1枚

キャラウェイシード(あれば):少々

 

【作り方】

1./キャベツは芯を取り除き、4等分して5mm幅に切る。

キャベツは5mm幅のザク切りに

 

2./フライパンにオリーブオイルを熱し、1を炒める。

3./火が通ったら弱火にして、穀物酢、砂糖、塩を加えてざっと混ぜ、粒こしょうとローレル、キャラウェイシードを入れて、蓋をして1分ほど熱し、しんなりさせる。

蓋をしてしんなりさせる

 

4./蓋を外し、混ぜながら水分を飛ばしたら出来上がり。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい