食物繊維で腸活!! 自家製“干し芋”がエラい!!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.02.20

寒いこの時期だから作れる、ちょっと肉厚でボリュームのある干し芋を作りませんか。干し芋に含まれる食物繊維は、ご飯の約20倍、カロリーは米の3分の1! 肥満が気になる方でも安心です。また、疲労回復を促すビタミンB1はみかん(0.09mg/100g中)の2倍、ビタミンC(5mg/100g中)も2倍という、栄養満点の優れた健康食品です。輸入物も増える中、自分で作れば安全安心。ねっとりとしてうま味がいっぱいの干し芋で腸活しましょう。

 

「干し芋」の作り方
サツマイモは何でもOKですが、できればポクポク系(金時、紅あずまなど)より、ねっとり系(安納芋、紅はるかなど)の方がうまくできます。また、芋は蒸さずにゆでて作ることで、ねっとり食感を出します。

 

【材料】

サツマイモ

きれいな紅色のものを選ぼう

 

【作り方】

1./芋をきれいに洗い、上下を少し切っておく。

2./鍋に水をたっぷり入れ、芋を入れて中火にかける。芋に串を刺して柔らかく通り、皮に裂け目が入るぐらいまで茹でる。

※炊飯器に芋を入れ、芋が隠れる程度の水を入れて玄米モードで炊いても柔らかく仕上がる。

触ると指の跡が付くほど柔らかい

 

3./茹で上がった芋の皮をそっとむく。そっとやらないと、身が崩れるので注意。手でむきにくい場合は包丁でそっと削ぐようにむくとむきやすい。

そっとむかないと崩れるので注意

 

4./芋をお好みで5mm~1cmぐらいの厚みに縦に切る。包丁に水をつけながら切ると切りやすい。あまり薄くすると崩れてしまうので注意。

5./4をそっと手に取って平ザルなどに並べ、天日干しする。3日ぐらい干すと甘味がぐんと増して食べごろになる。

天日で干し上げると甘味が倍増!

 

食べる際にオーブントースターなどで軽くあぶると、甘くてねっとりした食感が楽しめます。

小腹がすいた時には最高!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい