【発酵でダイエット!(13)】たった5分で大人バレンタイン!! “みりん粕トリュフ”

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.02.11

こんにちは。発酵美容家のザイマリです。

先日開催された「サロン・デュ・ショコラ2017」でも味噌、醤油など日本の発酵食品を使ったチョコレートが世界的にも注目を集めました。

そこで、知る人ぞ知る“こぼれ梅(みりん粕)”とココアを使った、5分で作れる「こぼれ梅(みりん粕)トリュフ」をバレンタインにプレゼントしてみませんか?砂糖もチョコレートも乳製品も使わないからだにやさしいスイーツです。

こぼれ梅(みりん粕)

 

今、便秘解消や肥満防止効果があると注目を浴びている“こぼれ梅(みりん粕)”。

みりんを搾る際に出る粕が梅の花に形が似ていることから“こぼれ梅”と呼ばれ、昔ながらの製法を守っている蔵元でしか生産することができません。

しかも、搾りたての麹の酵素が生きた状態のものは一年わずかな時期しか手に入らず、今がその出始めの時期でもあります。

酒の香りと甘みが混じってなんともほんわかした味わいで、おやつでそのままポリポリと食べすぎてしまうと、意外とアルコール度数が高く酒酔いする場合がありますのでご注意くださいね。

幻の食材?! みりん粕「こぼれ梅」

 

●こぼれ梅(みりん粕)トリュフ

【材料】

・本みりん:50cc

・みりん粕:100g

・ココア:適量

お好みでレーズンやナッツを入れても美味しい

 

【作り方】

1./本みりんを鍋へ入れ火にかけ、アルコールを飛ばす。

2./みりん粕に1を加えてよく混ぜたら、食べやすい大きさに丸める。

ラップで丸めると手が汚れません

 

3./ココアをまぶしたら出来上がり。レーズンを入れたらラムレーズンのような味わいに。

レーズンやナッツはお好みで

 

※お酒に弱い方は1のみりんを煮切る際に、一緒にみりん粕を入れて加熱するとアルコールが飛びます。

みりんとみりん粕を加熱した状態

 

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐に渡り活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい