バレンタインに!! 「甘酒チョコレートケーキ」の手作りレシピ

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.02.09

甘酒効果でしっとりとコクがある仕上がりに

いよいよ今年もバレンタインが近づいてきました。日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えたい発酵ファンの皆さんにおススメなのが、「甘酒入りのチョコレートケーキ」です! バターやオイルの代わりに甘酒を入れることでしっとりと焼き上がり、甘酒の甘みで砂糖も最低限の量で済みます。

今回はチョコと相性抜群のオレンジピールを入れて、爽やかな味に仕上げました。チョコレートがポリフェノールを含んだ機能性食品であることは知られていますが、「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養豊富な甘酒入りのチョコケーキでさらに体にいいレシピとなりました。是非お試しを!

 

【材料】(18cmパウンド型1個分)

・チョコレート:100g

・甘酒:50g

・卵:2個

・砂糖:20g

・薄力粉:50g

・ベーキングパウダー:2g

・オレンジピール:50g

 

【作り方】

1./チョコレートを湯煎で溶かす。

板チョコは割った方が溶けやすい

 

2./チョコレートが溶けてきたら、甘酒を少しずつ加えてよく混ぜ合せる

なめらかになるまで混ぜ合わせる

 

3./別のボウルに卵と砂糖を入れて、泡立て器でよく泡立てる。

今回は三温糖を使用

 

白っぽくなるまで泡立てる

 

4./3にふるいあわせた薄力粉をベーキングパウダーを加えて混ぜる

練らずにざっくりと混ぜる

 

5./4に2とオレンジピールを加えて、混ぜる

ピールが固まらないように混ぜる

 

6./生地をパウンド型に流し入れて、170℃で余熱したオーブンで35分焼く

今回は便利な使い捨ての型を使用

 

7./爪楊枝を刺して、何もついてこなければ出来上がり!

ふっくら焼き上がりました

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい