添加物なし!! 旨味とコクの「辛子明太子」手作りレシピ

カテゴリー:漬物, レシピ
投稿日:2017.01.20

タラが旬を迎え、生タラコも比較的容易に手に入る季節です。そこで、ご飯のおかずベスト3には必ず入る「辛子明太子」を自作しませんか。辛さ調整はお好み次第。添加物一切なしの鰹節と昆布の旨味とコクを加えた逸品は、ご飯のおかわりが止まらなくなること間違いなし! 生タラコが手に入らなければ、生食用の塩タラコでも作ることができます。

 

「辛子明太子」の作り方

コツは、おいしい漬け汁を作ることにあります。後はタラコを漬け込むだけでOK!お好みの味に仕上げた自家製明太子は別格の美味しさです。なお、入手しやすい生食用の塩タラコで作る場合は作り方4から始めてください。

 

【材料】

・生タラコ:2腹(2つで1ペアになっているのが1腹)

 

◆下漬け用汁

・日本酒:150cc

・塩:大さじ2

 

◆本漬け用漬け汁

・日本酒:150cc

・昆布:5cm

・鰹節:1パック

・柚子のしぼり汁:大さじ1/2

・醤油:大さじ1/2

・砂糖:大さじ1

・唐辛子粉:20~30g(お好みで)

今が旬、新鮮な生タラコ

 

【作り方】

1./生タラコに下漬け用塩のうち小さじ1程度を振りかけて、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。その後、キッチンペーパーで水分を拭き取ったら、下漬け用の日本酒に生たらこを入れ、酒で洗い、ザルに上げておく。

2./タラコを洗った酒を鍋に入れ、残りの下漬け用塩を加えて2~3分沸騰させ、アルコールを飛ばす。鍋ごと氷水を入れたボウルに浸けて、よく冷ます。

3./1と2をチャック付き保存袋に入れて冷蔵庫で1晩寝かす。

4./本漬け用の酒に昆布を入れ、弱火で約5分沸騰させてアルコールを飛ばす。そこに鰹節を入れ1分沸騰させたら火から下ろす。

※生食用塩タラコで作る場合は、この4の工程から始めてください。

5./4が熱いうちに鰹節を濾し、唐辛子、砂糖、醤油、ゆずのしぼり汁を入れてよく混ぜる。

6./5を昆布ごと氷水でしっかり冷やしてから、チャック付き保存袋に入れ、下漬けしたタラコ(生食用塩タラコ)を入れて空気を抜いて密封する。

昆布も一緒に漬け込む

 

7./このまま冷蔵庫で1週間ほど本漬けする。漬かりむらのないように、時々袋ごと天地を逆にする。

8./1週間経ったら7をザルに上げ、液を切って出来上がり。

本漬け後。漬け汁を吸いふっくら

 

たっぷり召し上がれ!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい