宮崎県の人気郷土料理!「まだか漬け」

カテゴリー:漬物
投稿日:2017.01.10

「まだか漬け」とは、宮崎県の郷土料理の漬物です。あまりの美味しさに出来上がるのが待ち切れず「まだかぁ~」と言うから、というのが名前の由来です。切り干し大根、煎り大豆、人参、スルメ、昆布など体に良いものばかりで、年末年始の胃腸が弱った時にうれしい箸やすめの一品です。

 

「まだか漬け」の作り方

切り干し大根の甘味のあるもどし汁も漬け汁として使います。

 

【材料】

・切干大根:乾燥した状態で30g

・乾燥大豆:70g

・人参:小1/2本

・生姜:1/5かけ程度

・スルメ:小1枚

・昆布:10cm程度

・鷹の爪:1本

・醤油:大さじ4

・酢:大さじ2

・酒:大さじ1

madaka_02fix

 

【作り方】

1./切干大根を250ccぐらいの水に10分程度浸ける。水分をボウルに絞り取っておいて、絞ったものは2回程度ざっくり切る。

2./生姜、人参、スルメ、昆布はハサミや包丁で千切りにする。

madaka_03fix

 

3./フライパンに乾燥大豆をさっと水洗いして入れ、弱火で、皮に亀裂が入るまで空煎りする。

4./醤油、酒、酢、鷹の爪を鍋に入れ、ひと煮立させ火を止め、3を投入する。

5./1の絞り汁150~200ccと残りの材料を4に加え、容器に移して2~3日冷蔵庫で漬けて出来上がり。

 

  • 子どもの「手づかみ食べ」はなぜ良いのか?

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

小泉武夫マガジン編集部
-->

あわせて読みたい