【発酵でダイエット!(9)】大注目!! 美腸、美肌効果抜群の”COYO(コヨ)”!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.01.09

こんにちは。発酵美容家のザイマリです。オーストラリアやイギリス、そして日本のヘルシーカフェでも今話題になっている“COYO(コヨ)”。Coconut Yogurt(ココナッツヨーグルト)を略したもので、乳製品を一切使用せず、ココナッツミルクを植物性乳酸菌で発酵させた、100%植物性のヨーグルトということで注目を集めています。

海外のスーパーには普通に並んでいますが、日本では一部の専門店でしか購入できず1個1,000円前後とかなり高価。これが自宅でも意外と簡単に作ることができるのです。

ココナッツミルクはココナッツオイルと同じく、体脂肪として蓄積されない中鎖脂肪酸が豊富で、体内でエネルギーに変わりやすいので脂肪燃焼を促進してくれます。水溶性食物繊維やマグネシウムも豊富なので、便を柔らかくし腸内環境にも効果的です。

また、骨の成長やたんぱく質の合成、美肌効果、免疫力アップにも関わる亜鉛も沢山含まれています。

ココナッツミルクにプロバイオティクスのサプリメントやヨーグルトを入れて発酵させる作り方もありますが、豆乳ヨーグルトなら植物性にこだわった“COYO(コヨ)”を作ることができます。

 

【材料】

・ココナッツミルク缶:400ml

・豆乳ヨーグルト:大さじ2

coyo_2fix

この2つだけ

 

1./ココナッツミルクを入れる瓶とスプーンを、沸騰したお湯で5分~10分煮沸消毒します。キッチンペーパーで水分をしっかりふき取っておきます(プラスチックやシリコン系の容器だと発酵がうまくいきません)。

2./瓶にココナッツミルクを入れ、45℃くらいになるまで温めたら鍋から出し、豆乳ヨーグルト大さじ2を入れよく混ぜます。

coyo_3fix

 

3./瓶にキッチンペーパーをのせ輪ゴムで止めます。タオルで覆い、保冷バッグの中に入れて12時間〜20時間置いておきます(ヨーグルトメーカーでも作ることができます)。

coyo_4fix

 

coyo_5fix

保冷バッグ内で12時間後

 

4./冷蔵庫に入れて再び12時間置けば完成(冷やすことでさらに固くなっていきます)。

coyo_6fix

冷蔵庫で12時間後

 

※ココナッツミルクは脂肪分が少ないので固まりにくく、一般的なヨーグルトに比べてトロ〜とした液体状で酸味も少ないです。

牛乳を加えて発酵させるか、最後に水切りすると固めの“COYO(コヨ)”になります。

※ココナッツミルクは、商品によって濃度差がありますので濃いもの(グレー色)を使用してください。またココナッツクリームを使うと固めの“COYO(コヨ)”が作れます。

“COYO(コヨ)”は普通のヨーグルトに比べて低糖質ですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意が必要です。

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴12年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐に渡り活動中。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい