うまさ倍増!! 自家製「みりん干し」に挑戦!!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.01.08

寒さが厳しくなるこれからの季節は、干物を作るのに絶好です。冬の天日干しの自家製干物は、市販品とは一味違った深みのある味に仕上がります。そこで、干物の中でも人気の高い「みりん干し」を作りましょう。みりんの深い甘味とごまの香ばしさがなんとも絶妙です。

 

「みりん干し」の作り方

今回は、豆アジを使っています。魚は、アジの他にイワシ、サバなど何でもOK。魚の大きさや脂のノリ、身の厚みなどで漬け汁に漬ける時間と干し時間を調整します。また、あまり甘くしたくない場合は砂糖を入れなくてもOKです。

 

【材料】

・豆アジ:10匹程度

・醤油:30cc

・本みりん:30cc

・砂糖:大さじ1

・ごま:適宜

・塩:適宜

mirin_02fix

 

【作り方】

1./豆アジの尾の両側にあるゼイゴを取る。尾の側から包丁を入れて、のこぎりを引くように包丁を前後させながら薄く取っていく。

2./1の頭を落とし、軽く塩水で洗ってから腹から開いて中骨を取る。今回は豆アジなので腹骨は取らないが、魚が大きい場合は腹骨も取っておく。

mirin_03fix

 

3./開いたアジを塩水を入れたボウルに入れて揺すって洗い、重ならないようにザルに広げて水を切る。

mirin_04fix

 

4./20分程度水を切ったら、キッチンペーパーで抑えてしっかり水分を取る。

5./密封バッグに、醤油、みりん、砂糖を入れる。そこに4を投入して、30分~1時間ほど漬け込む。豆アジはこのぐらいの漬け時間。大きい魚や脂のある魚であれば2時間程度漬け込む。魚が大きく密封バッグに入らないようであれば、バットなどに並べてひたひたに漬け汁を入れる。途中でひっくり返してまんべんなく漬け汁に漬かるようにする。

mirin_05fix

 

6./漬け上がったら、キッチンペーパーで抑えて漬け汁を軽く拭き取り、ザルに並べてごまを振り、1日程度風通しの良い場所で干す。触ってみて少し硬くなってべたつかなくなったら出来上がり。

mirin_06fix

 

焼く時は焦げやすいので、テフロンのフライパンなどで焼いてもOKです。

mirin_01fix

べっこう色に仕上がった逸品

 

  • 子どもの「手づかみ食べ」はなぜ良いのか?

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

小泉武夫マガジン編集部
-->

あわせて読みたい