懐かしい味! 甘酒で作るきな粉棒

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.01.07

水飴ときなこで作る「きな粉棒」。素朴な美味しさに、誰もが懐かしい気持ちになれる伝統のお菓子です。今回は甘酒で作ってみました。甘酒ときなこがあれば誰でも簡単に作れます。分量は目安です。きな粉に合わせて甘酒などの量を調整すればいいだけ。

甘酒特有の甘みでとっても美味しいのですが、食べ過ぎにはご注意を!

 

〈甘酒について〉

甘酒のみで作りたい! という人は、甘酒を70cc程度に増やして、はちみつなしでも作れます。生地がまとまりにくくなるので、きな粉を増減して水分量を調整しましょう(あまりは、仕上げにまぶして食べ切ります)。

甘酒がない場合は、はちみつに材料を置き換えても大丈夫。きな粉とはじめ混ざりにくいのですが、手の熱を伝えるように揉んで、よくなじませるのがコツです。

 

【材料】

きな粉:約70g

甘酒:50cc

はちみつ:大さじ1/2

塩:ひとつまみ

 

【作り方】

1./きな粉は、仕上げに使う分を少量取り分けておく。

2./小鍋に甘酒を入れ弱火で熱し、水分を飛ばす。焦がさないよう鍋底からかきまぜ、2/3〜半量程度まで。

ama-kina_02fix

余分な水分がなくなり、ツヤが出てくる

 

3./火を止めて、余熱で焦げないようにさらにかき混ぜる。粗熱が取れたら、ジッパー付き保存袋にきな粉とともに入れ、よく揉む。

ama-kina_03ix

保存袋で混ぜると簡単

 

4./3がポロポロになってきたら、はちみつと塩を加え混ぜる。ひとまとめにして、袋の上から綿棒で板状にのばし、半日程度置く。

ama-kina_04ix

綿棒でゆっくりのばす

 

5./きな粉を打ち粉代わりにまな板に散らし、4を袋から出して棒状に切る(甘酒のみで作るときは、崩れにくい切り方で)。きな粉をまぶして出来上がり。

ama-kina_05ix

 

  • 子どもの「手づかみ食べ」はなぜ良いのか?

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

小泉武夫マガジン編集部
-->

あわせて読みたい