保存袋で作れば簡単!鮭のコンフィ

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.12.24

コンフィとは、オイルに食材を浸し低温でじっくり煮る調理法。もともとは保存食でしたが、肉汁が逃げずジューシーに仕上がり、独特のおいしさが人気となっています。ジッパー付き保存袋を使えば、温度調節も簡単で、少なめのオイル量で作れます。年末年始、サーモンを使ったちょっと贅沢な味を楽しんでみては!?

 

【材料】

・サーモン(刺身用):1柵(約300g)

・玉ねぎ:1/4個

・塩:小さじ1/2

・胡椒:少々

・オリーブオイル:適量(約100cc) 

・ディルもしくは山葵:適宜

 

【作り方】

1./サーモンは、キッチンペーパーで水気を拭き取り、塩、胡椒をして、冷蔵庫で2〜3時間おく。

salmon_02fix

塩・胡椒で下味をつける

 

2./玉ねぎは薄切りにする。

3./1の水気をキッチンペーパーで拭き取り、2.とともにジッパー付き保存袋に入れる。オリーブオイルを注ぎ、保存袋の空気を軽く抜く。

4./鍋に皿を置き、水を張って3.を入れる。水圧を利用して保存袋の中の空気を抜く。気泡があると熱が伝わりにくくなるので注意。皿は、鍋底に保存袋が直接触れないようにするため。

salmon_03fix

空気抜きに袋の口を少し開ける

 

5./鍋を中火にかける。50℃になったら火加減をしてキープし、10分湯煎する。火を止めてそのまま冷ます。

6./鮭を切り分け、器に盛ってディルか山葵を添え

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい