【発酵でダイエット!(5)】”解凍モード”で石焼き芋!! “さつまいもヨーグルト”で便秘解消

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.12.10

こんにちは。発酵美容家のザイマリです。

寒さが厳しくなってくると石焼き芋が無性に食べたくなります。

最近ではコンビニやスーパーで売られていますが、あの「いーしやぁーきいもー、おいもっ♪」という音が聞こえてくると、思わず音のする方を探してしまいます。

satsumaimo_2fix

 

石焼き芋やふかし芋が甘いのは、時間をかけてじっくりと加熱しているためで、自宅で毎回30分以上かけて蒸したり、オーブンで焼いたりするのも面倒ですよね。すぐ食べたくて電子レンジで加熱しても、硬くなったり干からびたりする上に甘さも足りない……。

さつまいもの甘さは、低温(65~75℃)でゆっくりと加熱することでデンプンが糖質(マルトース)に変わり甘くなっていきます。

そこで、電子レンジでも“解凍モード”を使うことで、まるで石焼き芋のようなホックリ美味しいお芋が10分程度で作ることができるのです。

satsumaimo_3fix

解凍モードで加熱したさつまいも

 

ダイエットをしていた頃、さつまいもにヨーグルトをかけた“さつまいもヨーグルト”を毎朝のように食べていました。

熱々のさつまいもに冷たいヨーグルトをかけると、ヨーグルトも温まるのでお腹も冷えず、スイートポテトのような味わいでとっても美味しいのです。

善玉菌を増やすヨーグルト+便の量増しや腸の大掃除をしてくれるさつまいも+善玉菌のエサになるオリゴ糖のおかげか毎朝スッキリ!

さらに、ヨーグルトは一定の種類を食べ続けるよりも、複数の種類をローテーションした方が腸内の善玉菌を増やしますので2, 3週間おきに種類を変えてみてください。

 

【石焼き芋風さつまいもヨーグルト】

【材料】

さつまいも 200gくらい

ヨーグルト 150gくらい

オリゴ糖または蜂蜜  適量

 

1./さつまいもをよく洗い、濡れたキッチンペーパーで包み、その上からラップで包む。(濡れた新聞紙でも可)

satsumaimo_4fix

 

2./500W(レンジ強)で3分、その後200W(レンジ弱または解凍モード)で10分加熱。触って柔らかくなっていればOK。

satsumaimo_5fix

 

3./さつまいもとヨーグルトを混ぜ、オリゴ糖または蜂蜜をかけて出来上がり。

satsumaimo_1fix

 

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい