【発酵でダイエット(4)】野菜高騰の救世主”切り干し大根発酵サラダ”

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.12.03

こんにちは。発酵美容家のザイマリです。

野菜が高騰している今、お助け食材として注目なのが“切り干し大根”。「煮物くらいしか食べ方がわからない」「地味だし独特の臭みがちょっと…」と悩む方も多いのではないでしょうか?

しかし、“切り干し大根”は本当に優秀な食材で、ダイエット中のパスタや麺代わりに使うのもよし。私は小腹が空いた時、甘いものが欲しい時に乾燥したそのまま食べたりしています。噛めば噛むほど甘みが増し、お腹の中で膨らむので満腹感も得やすく、暴飲暴食を防ぐことができます。

【乾物を戻すならヨーグルトで?!】でも紹介したように、水戻しの際に栄養素が出ていってしまうのはもったいないですよね。

”切り干し大根発酵サラダ”は水戻しも加熱もせず、野菜自体の水分と手作りドレッシングのみでふやかすことで、簡単に最大限“切り干し大根”の栄養と美味しさを味わえるのです。

 

●切り干し大根発酵サラダ基本の野菜(※)

【材料】(2人分)

・切り干し大根:30g

・ツナ缶:1缶(約70g)

・パプリカ(お好きな野菜でも可):1個

kiriboshidaikon_2fix

 

【作り方】

切り干し大根はさっと洗い水気を絞り、食べやすい大きさに切ります。パプリカは千切りにし、ツナ缶は油を少し切り、すべて混ぜ合わせ冷蔵庫で1晩置きます。これを作り置きしておくと便利です(すぐに食べたい時は、下記のドレッシングと合わせ5分程味を馴染ませてください)。

kiriboshidaikon_3fix

冷蔵庫で1晩置くと、パプリカの水分とツナのオイルが切り干し大根にしみ渡りポリポリ歯ごたえのある食感に。

 

●切り干し大根のイタリアンサラダ

【材料】(2人分)

・「切り干し大根発酵サラダ基本の野菜(※)」:2人分

・オリーブオイル(A):小さじ2

・バルサミコ酢(A):小さじ2

・めんつゆ(A):小さじ1/2

・塩、胡椒:少々

・砕いたアーモンド:少々

kiriboshidaikon_4fix

 

【作り方】

(A)を合わせたドレッシングと「切り干し大根発酵サラダ基本の野菜(※)」を加え、塩・こしょうで味を整えます。 器に盛り付け、アーモンドをふりかけたら出来上がりです。

kiriboshidaikon_5fix

 

●ご飯に合う和風味噌マヨサラダ

【材料】(2人分)

・「切り干し大根発酵サラダ基本の野菜(※)」:2人分

・マヨネーズ(B):大さじ2

・みそ(B):小さじ1

・めんつゆ(B):小さじ1

・ごま油 (B):小さじ1

・ガーリックパウダー: 少々

・胡麻:少々

kiriboshidaikon_6fix

 

【作り方】

(B)を合わせたドレッシングと「切り干し大根発酵サラダ基本の野菜(※)」を加え、胡椒、ガーリックパウダーで味を整えます。 器に盛り付けたら出来上がりです。

kiriboshidaikon_7fix

 

切り干し大根パワーアップポイント!

・ビタミンC(パプリカ)やクエン酸(バルサミコ酢、マヨネーズ)は鉄分の吸収率アップ。

・ビタミンD(ツナ)やマグネシウム(胡麻、アーモンド)はカルシウムの吸収率アップ。

・食物繊維も発酵食品(酢、味噌、醤油)と合わせることで腸にも良いのは小泉センセイもお墨付きですね。

 

※あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい