2016年注目の酒!! 「亀の翁・三年熟成」が“パーカーポイント”で98点の最高ランク!

カテゴリー:酒, [PR]
投稿日:2016.12.01

久須美酒造(新潟県)の日本酒「亀の翁・三年熟成」が、世界的なワインの評価基準として知られる「パーカーポイント(PP)」で98点の高評価を受けた。日本酒が世界基準でも評価されたことで期待が高まっている。

 

世界的なワインの評価基準「パーカーポイント」

ワイン好きなら、日本酒にPPと聞いて「おや?」と思ったかもしれない。PPとは、世界で最も信頼のおけるワイン評論家の1人とされるロバート・M・パーカー・Jr 氏が顧問を務めるロバート・パーカー・ワイン・アドヴォゲート社(以下ロバート社)独自の評価基準のこと。ワインを色や外見、香り、味、全体の質などから細かく評価し、100点を満点として、70点以上を「並」、80点以上を「かろうじて並以上から優良」、90点以上を「傑出」、96点以上が「格別」となる。飲食店やワイン輸入業社がPPをワイン選びの参考にするなど、世界のワイン業界に強い影響力をもつ。

ロバート社では今回初めて日本酒の評価を行った。対象となったのは、日本全国の800銘柄。うち78銘柄が90点以上の高評価を受け、日本酒の魅力を再認させる結果となった。

 

最高の評価「格別」とは?

「亀の翁・三年熟成」が獲得したのは、98点。96点以上の点数はワインでもめったに出ない「格別」で、「特別な努力を払っても探し、購(あがな)い、飲む価値がある」とされるもの。もちろん「亀の翁」といえば、越後の老舗酒蔵・久須美酒造の看板とも言える日本酒で、これまでも鑑評会などで高い評価を受けてきている。しかし、世界中のワインを“格付け”し、信頼されてきたPPの評価に対する反響は大きかった。「日本酒業界を越え、さまざまな方からお祝いの言葉やご連絡を頂きました。これまでおつきあいのなかった高級ホテルや輸出業社の方からの問い合わせも受けています」(久須美酒造・久須美賢和社長) 

kamenoo_2fix

英紙のトップにも!

 

ユネスコの無形文化遺産登録など、世界で“和食”の存在感が高まっている。世界市場で信頼されるPPでの評価は、日本酒に新たな方向から光が当ることになるかもしれない。「今回の評価は当社だけの話ではないと思っています。日本酒業界として世界に打ってでるチャンスだととらえています」(久須美社長)

日本人の宝ともいえる日本酒。世界中の人々に知ってもらうきっかけとしたいものだ。

 

取材協力・写真提供/久須美酒造株式会社(http://www.kamenoo.jp/)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい