乳酸菌の作った旨味が生きる!「白菜の漬物ロール」

カテゴリー:漬物, レシピ
投稿日:2016.12.06

冬の定番とも言える白菜の漬物。豆腐、大根と並んで「養生三宝(さんぽう)」の1つである白菜を塩漬けにしたものです。ごくシンプルな材料なのに、乳酸菌により旨味がグッと増し、改めて発酵のチカラと昔の人の知恵に感心させられます。今回は、冬の人気メニューの「ロールキャベツ」を白菜の漬物で作ります。下茹での必要がなく手軽にでき、漬物由来の酸味が隠し味となって、ボリュームたっぷりなのにさっぱりと頂けます!

 

【材料】

白菜の漬物:約230g

玉ねぎ:1/4個

合挽き肉:150g

片栗粉:大さじ1

塩・胡椒:少々

スープの素:1個

水:500cc

ブロッコリー・いんげんなどの茹で野菜:適宜

 

【作り方】

1./白菜の漬物は漬け汁をしっかり切る。芯が分厚い場合は、薄くそぐ。

hakusai-t_02fix

そいだ芯も使う

 

2./玉ねぎはみじん切りにする。

3./合挽き肉に、塩・こしょう、片栗粉を加えてよく練り混ぜる。粘りが出てきたら2を加え混ぜ、4等分にして俵型にまとめる。

hakusai-t_03fix

肉に粘りが出たら玉ねぎを混ぜる

 

4./1で3を包む。白菜が小さい場合は、2枚を使う。

hakusai-t_04fix

白菜でタネを包む

 

5./鍋に4をすき間なく並べ、水とコンソメを加えて強火にかける。煮立ってきたら弱火にし、アクを取りながら20〜30分程度煮込む。

hakusai-t_05fix

アクを取りながら煮込む

 

6./器に5を盛り付け、好みでブロッコリーやいんげんなどの茹で野菜を飾る。

hakusai-t_06fix

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい