コチュジャンのアフリカ版!! ピリ辛「ハリッサ」

カテゴリー:発酵食品全般, レシピ
投稿日:2016.11.11

チュニジアやモロッコ、アルジェリアなど、マグリブ(北アフリカ)料理に欠かせない、唐辛子をベースにクミン、コリアンダー、パプリカ、ニンニクなど数種のスパイスでつくられる辛口調味料「ハリッサ(アリッサとも)」。韓国の調味料「コチュジャン」のアフリカ版のような位置づけで、さまざまな料理の調味料やソースとして親しまれています。

西ヨーロッパでは知られた存在。とくにフランスでは馴染み深く、スーパーマーケットでも売られ、クスクスなどのアフリカ料理に添えて食べられています。

マグリブ地域の家庭では、ハリッサは調味料の必需品。もちろん市販品もありますが、各家庭でハリッサがつくられることが多いそうです。自家製であれば、辛さやスパイスを調節して好みの味付けにできるので、作りおき調味料としてオススメ!

朝食の目玉焼きやソーセージのソースとして、納豆に混ぜたりパンにつけたり、料理の隠し味としても万能的に使用できます。アフリカのピリ辛調味料、ぜひチャレンジしてください!

 

●自家製アリッサの作り方

【材料】

・ニンニクすり下ろし:2~3片

・ショウガすり下ろし:小さじ1~2

・砂糖:適量

・塩:適量

・エクストラバージンオリーブオイル:150~200ml

〈A〉

・カイエンヌペッパー(粉末唐辛子でもOK):40g

・クミンパウダー:5~10g

・パプリカパウダー:大さじ2

・キャラウェイパウダー:小さじ2

・コリアンダー:小さじ1~2

 

 

【作り方】

1./Aのスパイス類を混ぜ、ニンニクと砂糖を加えペースト状になるまで練っていく。

2./1に塩とハチミツを加え味を調節し、最後にオリーブオイルを少しずつ加え、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。

3./3〜10日ほど冷蔵庫で熟成させたら完成。2ヵ月ほど冷蔵保存可能。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい